YouTubeの広告収入の仕組みについて

応援お願いします!ポチッと押してくれると励みになります!

自由人ランキング

こんばんは、ヒカルです。
最近YouTubeで活躍している人の露出が増えています。

YouTuberと呼ばれる動画でお金を稼いでいる人が、CMに出演したり、本を出版したりと、様々なメディアに出てくるようになってきました。

そこで、今回はYouTuberが広告収入を稼ぐ仕組みについて解説します。
動画投稿に興味のある方はご覧下さい。

目次

YouTubeの広告収入の仕組みについて
GoogleはYouTubeの広告で収入を得ている
YouTube広告の種類
YouTubeの可能性
YouTubeの広告収入の仕組みについて
YouTubeでは動画に広告を表示できるのですが、条件があります。
それがYouTubeのパートナープログラムに参加することです。
ちなみにパートナープログラムですが、無料で誰でも参加することが可能です。

だから、別に学生でも参加することも可能で、
老若男女全ての方が参加できます。

つまり、誰にでもYouTubeで稼ぐ権利はあるのです。

動画の広告を視聴者が観たり、クリックする事によって、
動画投稿者に広告収入が入る仕組みです。

YouTubeを利用したことがある人は一度は観た事があるかと。
一番よく設置されている広告は、動画の再生前に流れる、
5秒間経てばスキップできる広告です。

視聴者からしてみれば邪魔でしかないもので、
人によっては広告が流れた瞬間に嫌気がさして、
動画を観るのをやめてしまう方もいます。

なので動画が再生された瞬間、収入が発生するわけではありません。
広告を観てもらうか、クリックしてもらう必要があるのです。

つまり、チャンネル登録者の数がある程度いないと、
継続してお金を稼ぐというのは難しいということです。

そこを勘違いしてしまい、チャンネル登録者もいない状態で、
広告を表示してお金を稼ごうとしてしまう人がいるみたいですが、
それは非常に効率が悪いのでやめた方がいいです。

まず、チャンネル登録者の数を増やさないといけないのに、
広告を表示してしまうと、動画を観てもらえなくなります。
そうなると、チャンネル登録者の数なんて増えませんし、
広告収入になんて結びつくわけがないのです。

だから、最初はファンを増やす事が重要です。
それである程度媒体が大きくなってきてから広告を導入しましょう。
その方が稼げるスピードは速いはずです。

現在広告収入で稼いでいる人は皆、ファンが大勢います。
だから、毎日継続して動画を観てもらう事ができるし、
広告収入でお金を稼ぐことができるわけです。

YouTubeの動画投稿だけでお金を稼ぐことはできますが、
最初からすぐに成果を出すなんてことは不可能に近いです。

私も今でこそネットビジネスでお金を稼いでいますが、
最初の方はほとんど結果なんて出ませんでした。

それでもやり続けたから今の自由な生活があるわけです。

今稼いでいる人たちもきっと最初は稼げなかったはずです。
でも、日々動画を投稿して、自分のチャンネルを大きくし、
ファンを増やしていくことによって稼げるようになったのです。

だから、まずは地道に動画を投稿してファンを増やしましょう。
遠回りにみえるかもしれませんが、それが一番の近道です。

GoogleはYouTubeの広告で収入を得ている
YouTubeを運営しているGoogleは、広告で収入を得ています。
YouTubeは無料で誰もが利用できるというのが売りなので、
有料チャンネルを除くと利用者からお金をとっていません。

なので、動画投稿者がパートナープログラムに不参加の場合でも、
Googleが広告を表示させる場合もあります。

で、どういった動画に表示させているのか、
ということですが、例えば著作権の侵害しているカラオケ動画です。

Googleは著作権の権利者に確認を得た上で、広告収入を得ていて、
割合はそれぞれ、Googleに40%、権利者に60%となっています。

YouTube広告の種類
広告には全部で4つの種類があります。

・ディスプレイ広告

・オーバーレイ InVideo 広告

・TrueView インストリーム広告

・標準インストリーム広告

では上から順番に説明していきます。

○ディスプレイ広告

これはYouTubeのトップページ以外に掲載できるバナー広告です。
サイズは300×250で関連動画の右上に表示されたりします。

○オーバーレイ InVideo 広告

これは動画の下に表示される半透明の広告となっていて、
再生開始から15秒経つと表示されます。

邪魔な場合は、閉じる事も可能です。

○TrueView インストリーム広告

これは動画の再生前、再生中、再生後に表示される広告で、
広告が表示されてから5秒経つとスキップ可能です。

○標準インストリーム広告

これはTrueView インストリーム広告のスキップが出来ないverです。
視聴者からしてみれば、一番うっとうしい広告ですね。

広告を消す方法は簡単に設定できるので、非常におすすめです。
広告がスキップできないがために生じるイライラを解消できます。

YouTubeの広告を消す方法について詳しく知りたい方はこちら

広告の種類については以上です。

YouTubeの可能性
YouTube以外にもTwitterやFacebookなど数多くのSNSがありますが、
今最も注目されている媒体は間違いなくYouTubeです。
また、私が短期間で成功できた要因の1つもYouTubeだと思います。

実際、私のブログのアクセス流入元で一番増えているのはYouTubeです。
もちろん今はまだ検索エンジンからのアクセスの方が多いのですが、
ここ最近、YouTubeからのアクセスが明らかに増えています。

これから先もしかしたら、YouTubeからのアクセスが
検索エンジンからのアクセスを上回るかもしれません。
それくらい急激に増えています。

理由は簡単で、スマホが普及したことによって、
空いた時間に簡単に動画を観る事ができるようになり、
スマホ自体の通信スピードが速くなったからです。

以前は通信速度が遅く、動画を観ようとしてもロードに時間がかかったり、
途中でフリーズしてしまって、動画が観れなくなることもありましたが、
最近のスマホだと、本当に一瞬で動画が再生されます。

それにYouTube動画にはSEO効果があります。
なので検索エンジンでも評価が高ければ上位表示されます。

つまり、集客装置としては最も優れている媒体なわけです。
FacebookやTwitterと比較しても比べ物にならないくらい、
圧倒的な集客が可能になります。

でも、ほとんどの人はその可能性の大きさを知りながらも、
自分には向いていないと勝手に決めつけてしまっていて、
一度も動画を投稿する事などせず、諦めてしまいます。

これは本当にもったいないことです。
まずはやってみて、それで判断してください。
YouTubeにはそれだけの可能性があります。

そして、もし動画投稿で稼ぎたいのであればしっかりと継続しましょう。
私もYouTubeで成果が出始めたのは半年以上経ってからでした。
そのかわり、一度成果が出ればそれが大きな仕組みとなります。

最後に継続するコツですが、とにかく楽しむ事です。
楽しむことができればいつか結果も付いてきます。

というわけでYouTubeの広告収入の仕組みについてでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は月収にして学生の頃から500万円を稼いでいます。
ですがお前には才能があったんだろ?とも言われます。
僕はもともとビジネスが得意だったわけでもなければ、
しゃべるのが得意だったわけでも、
ましてや文章を書くのが得意だったわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
月収500万円まで稼げるようになりました。
プライベートにもとても良い影響をもたらしてます。
結局慣れなんですよね。

どんな人でも稼げるし

学んでいけば誰でも自信を得て稼ぐこともでき、そして月収500万を稼ぐ過程を下記の記事では公開してます。

月収500万になれたヒカルの行動理念

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【こちらをクリックして、月収500万物語の続きを読む】

>>詳細が気になる方はコチラをクリック<<

コメントを残す