ちゃんちゃらおかしい

こんにちは、ヒカルです。

2月も今日で終わりなので、毎日メルマガ配信する!って言ってから、1カ月が経ちました。

やはり、毎日アウトプットしてたら違います。

目に見える変化っていうのは少ないのですが、
いつのまにかメルマガ書くスピードが上がってたり、
発信力が向上してたり、良いことだらけです。

私の場合は、このメルマガだけでなく、
基本的に毎日10000文字くらいは文章書いてるので、
アウトプット量だけで言えば、
業界内でも、トップクラスだと思います。

ほとんどの人の場合はインプット重視で、
やたらと難しい本読んだり、教材読んで勉強してますが、
個人的に、それはあまり意味ないです。

脳にネタが詰まってる状態で、インプットしてるわけなので、
そこに無理やり情報を詰め込んでる状態と変わりません。

水が溢れそうなコップに水入れてるのと同じですね。

必死になってる人相手に言うのはあれですが、
時間の無駄だと思います。

そんなことしてる暇があるなら、
どんどんアウトプットしていった方がいいし、
情報発信してれば、
勝手にネタは入ってくるのです。

みんな、面白いネタは特殊なことしないと見つからないと勘違いしていて、
ネタなんて普通に生きてれば自然に見つかります。

まあ、正しく言うと、
ネタは見つけるものではなく、
自分で生み出すものなので、
どこにいて何をしてても生み出せる人は生み出せるし、
生み出せない人は生み出せません。

ないモノを必死に探してるわけです。

お笑い芸人でも、すべらない話なんかを話してますが
あれって、体験談が面白いんじゃなくて、
話し手のアレンジであったり、話す間が面白いから、
「すべらんなあー」
という風になります。

普通の人が同じ体験してたとして、
それを話しても、ぜんっぜん面白くないです。

例えば、
今、私はFNS夏のうた祭りを見ながら、
このメルマガ書いているわけですが、
テレビ見てても、ネタなんて簡単に生み出せます。

歌手とアフィリエイトの共通点見つけて、
それについて書いてもいいし、
アーティストが提供してる価値について話してもいいし、
物事をどっから見てるのか?
これが重要になってくるのです。

真正面からだと、
「良い歌だなー」とか、
「この人は歌が下手くそだな」とか、
そんなことしか見えないかもしれないですが、
角度を変えてみてみれば、
「ファッションに気を使ってるな!」とか、
「雰囲気を出すために照明を消してるのか!」とか、
新しい発見はいくらでもでてきます。

これは別に私が凄いわけではなくて、
常に脳の中に溜まってるものをアウトプットしてるからで、
脳はアウトプットしすぎると、情報を欲するのです。

だから、新しい発見を求めるし、
新鮮な見方をするし、
普段は見ない所まで見たりして、
脳に情報をインプットしようとします。

私は何度も言ってますが、
アウトプットの果てにインプットがあって、
インプットばかりしてても意味ないです。

今やれることを1つずつこなしていく過程の中で、
どんどん自分が進化していくわけで、
必死に勉強だけしていては、やれることは増えないし、
どんどん頭でっかちになっていきます。

稼げてない状態で、
下手に知識付けたり知恵を持ってしまうと、
「こんな初歩的なことはしてても無駄だな!」とか、
「もっと画期的で派手なことして注目集めよう!」とか、
基本的なことをするのが嫌になって、
結果的に、中身が伴ってない張りぼてになるわけです。

そうならないためにも、
アウトプットは当たり前のようにこなしましょう。

歌の練習しないアーティストなんていないように、
素振りしないプロ野球選手なんていないように、
情報発信しない情報発信者なんて、ちゃんちゃらおかしいです。
(朝ドラのあまちゃん、見てない人はすみません)

目指してるとこがどこなのか?
再認識してください。

私のメルマガ見てる方には、
私と同じように、
情報発信者になってもらいたいと思っています。

もし、そこを目指してるなら、
当たり前のように素振りしてください。
野球でいうとこの素振りが、
情報発信で言うところのアウトプットです。

それすらしてないのに、
「僕は必死で稼ぐために頑張ってます!」
とか言っても、
それこそまさに、ちゃんちゃらおかしいですよ。
(この決め台詞が気になる人は、調べてみてください。)

勉強=頑張ってる
これは違います。

勉強なんてして当たり前です。

野球選手が野球のルールとかサイン覚えるのって、
別に頑張ってるとは言いませんよね。

あなたの人生が懸かってます。

1年間どこまで自分の為に頑張れるか?
これがあなたの人生を大きく変えるのです。

私は1年で大きく人生を変えました。

180度とかそんなレベルの話じゃないです。
「もう、これ別の人の人生なんじゃないの?」
ってくらい変わったのです。

あなたが頑張るかどうか、これはあなたにしかどうにもできないことで、
死ぬ気でやってもどうせ死なないんだからやりましょうよ。

特に新企画に参加した方は、
明日からスタートなので、
明日からの日々の行動に全て懸かっています。

私は一般的に見れば厳しいこと言いますが、
普通のことしか言ってないです。

厳しいと思うなら、
それはあなたがビジネスを舐めてるだけか、
甘いだけだと思います。

簡単には稼げません。

自分には何ができるか、
そして、今何をしてるか、
何ができてるか、
そういうことを毎日考えて、
このビジネスに本気でぶつかってください。

それが成功への最低条件です。

ホント、それくらいじゃないと、
人生変えるくらいの成功なんてできないので、
自分のビジネスに対する意識を、
もっとシビアに設定してほしいなと思います。

いや、まじでやりましょうね。

ぶちかます感じで、
人間って本気になったら何でもできますよ。

何か新しいモノを生み出したりするときって、
エジソンが電話機とか電球を発明した時も、
ライト兄弟が飛行機で空を飛んだ時も、
それはいつだって、

人間が本気になった時です。

私たちは何だってできます。
そういう気持ちを持って日々の作業に取り組んでくださいね。

というわけで、終わります。

今日も感想等お待ちしています。
では。

弱者的発想は微塵もない

こんにちは、ヒカルです。
昨日と一昨日はサービスに関連するテーマでお話ししましたが、新しい気付きがあったみたいで大好評でした。

やっぱり、メルマガ書くのは楽しいです。

趣味に近い感覚で配信してますし、
仕事してるって感じは一切ありません。

これを仕事だと思うようになった時は、
イコール、自分の考えを発信することが生きがいではなくなった時なので、
たぶんもうメルマガを配信しないと思います。

私はこのビジネスをお金儲けの為にはじめましたが、
今はお金だけが目的でこんな活動をしてるわけではありません。

よく届く質問の中にこんなのがあって、
「ヒカルさんは、ボランティアでやってないって言っていますが、
明らかにお金だけを求めてるようなスタイルではないし、
かといって、ボランティアじゃないなら何を目的としてるんですか?」
みたいな疑問を持つ人も多いみたいです。

で、これに対する答えですが、
(ヒカルのANNでも同じようなことを答えたような気がしますが)
単純に楽しいっていうのがあります。

カラオケとかボーリングに行く理由と同じですね。

その感覚で私はビジネスをしていますし、
私がメルマガを配信することで誰かの人生にプラスを与えていたとしても、
それすらも自分の為だと思ってるので、ボランティア精神は皆無です。

ボランティアするくらいなら、
自分の身近な人に何かしてあげたいし、
世界のどっかに寄付するくらいなら、
自分の大切な人の為にお金を使います。

私はそういう人間です。

それをあらかじめ知っておいてもらいたいので、
「ボランティアではやってない!」
っていう風に言っているわけです。

こういう活動をしてると、ちゃんと中身も見ずに
「良い人ぶらないでくださいよ!」
みたいなことを言ってきたりする人がいるので、
そういう誤解を生まないために、前もって伝えています。

もう、いちいち騙す気とかありません。

「もう」ってつけてるのは、
私が過去に人を騙すつもりでビジネスしてたことがあったからです。
(10代の初めの頃はこういう考え方でした)

でも、今はわざわざ騙す必要がないし、
それを「カッコ悪い」と思う自分がいるので、
自分の美学の為にもそんなことはしません。

それに過去の過ちを隠す気もさらさらないし、
裸一貫って感じを貫きます。

ヒカルはヒカルです。
いつでも俺様マインドを持ってます。

そして、誰か何かに左右される俺様ではありません。

合わせる気はない、
隠す気はない、
騙す気なんてない、

私はそういう生き方を選んだのです。

だからこそ、自分が楽しいと思ったことをするし、
自分が面白いと思ったことに時間を使います。

今回の新企画なんて、まさにそれで、
自分でもワクワクするくらいに面白そうなモノができるんじゃないか?
って思えたわけです。

「進撃のアナザーワールド」

おお、やばい!
面白そうだ!

進撃の巨人の世界観と自分の持ってる知識経験を合わせたら、
自分にとってもすごく良い刺激になって、
それで参加した方にも満足して頂けるに違いないぞ!これは!!

こう思ったから、
何百時間かけてでも最高のモノを創ろう!
ってなったのです。

お金儲けの為だけにしてたら、
こんな手の込んだことはしないし、
レターもたぶん書かないし、

そこらのメルマガ配信者のように、
延々と無料オファーとかアフィリリンク流してると思います。

でも、そんなの面白くないじゃないですか。

周りと同じでしょうもないゴミ箱行きのメルマガとか、
このステップを踏んで10万円稼ぎましょう!って企画とか、
仕掛ける方も、仕掛けられる方も楽しめません。

だから、私は自分が面白いと思ったもの以外は紹介しないし、
メルマガも日によって質は違いますが、最低限のクオリティーは保ってるつもりです。

「あー、こんなこと書くとまた解除されてしまう・・・」
こんな弱者的発想は微塵もありません。
(というのもあって、配信解除を分かりやすいとこに設置してます。)

刃牙シリーズで言うなら、範馬勇次郎マインドであり、
シャーマンキングで言うなら、ハオマインドであり、
ジョジョシリーズで言うなら、ディオマインドであり、
ハンターハンターで言うなら、メルエムマインドなわけですよ。
(これだけ例を挙げれば、1つは知ってるのがあるでしょう。苦笑)

なので、思ったこと感じたこと経験したことを、
ありのままにお伝えします。
(ところどころ、配信できるレベルに修正は入りますけど)

そして、あなたにも私と同じように、
最終的には自分の考えを全国に発信してほしいです。

これは最高に気持ちいいですから。

俺の考えを知ってくれー
俺のアイデアを聞いてくれー

を、全国を相手にできてしまうのです。

個人でやるモデルとして、
メルマガ(情報発信)は最強だと思います。

私のノウハウとか知識とか経験とか、
何でもいいと思うので、
盗めるところはしっかり盗んで活かしてください。

出し惜しむつもりはないので、
利用できるとこがあるなら利用しまくりましょう。

で、いつか同じラインになれば会って食事とかしたいですね。

それが実現したら最高に幸せだと思います。
(既に10人くらいは実現してますが)

当分、こういう活動辞める気はないので、
今がチャンスだと思って、
私から盗めるものは盗んじゃってくださいね。

というわけで、
また明日!

今日も感想等お待ちしています。
では。

高額サービスの使い方

こんにちは、ヒカルです。
昨日はサッカーに熱くなりすぎて、時間ぎりぎりの配信になりました。

(配信数が多いのでタイムラグが生じて、日が代わってからメール受け取った方もいるみたいですが。)

まあ、なんとかセーフということで、
今日は焦らないためにも少し早めに配信しようと思います。

さて、前回の話で、
「高額サービスの見極め方」をお伝えしましたが、
さっそく質問がきていました。

その中でも特に多かったのが、
「僕はもう「1」のサービスに甘い言葉に釣られて参加しています。
で、ヒカルさんはどっちのサービスも使い方次第では役に立つ、
という風におっしゃられていますが、
「1」と「2」のサービスを利用するうえでの心構えみたいなものが知りたいです。
対処法とかあれば教えてください。」
といったメールです。

ようは、「高額サービスの使い方」ですね。
(ここでサービスとせず、高額サービスとしてるのは、
意図的に狙ってしています。
今日と昨日の話は、高額でなくても当てはまることが多いですが、
まあ、気にせず読み進めてください。)

どういう風に利用すれば上手く活かすことができるのか?
これが今回の質問の主旨だと思います。

ちなみに、おさらいですが、
1 情報弱者をターゲットにしたサービス
2 情報弱者を避けたサービス
という感じです。
(これ知ってないと、1とか2って言ってもさっぱりだと思うので。)

あと、今回はけっこう長くなる予定なので、
ちゃんと時間とって読み進めていってくださいね。

どうぞ!

まず、始めに知っておいてもらいたいことは、
どんなサービスも何かしらの変化を生むきっかけにはなる、
ってことで、
仮に、詐欺商品を買っても、
「今度からはこういうのは買わないでおこう!」
って勉強になりますし、
10万のサービスを買って稼げなくても、
投資意識が高くなって、自己成長に繋がったり、
直接関係してなくても、間接的に自分を変えるきっかけになったりします。

なので、こんなのに正解っていうのはあまりないのですが、
私だったら、どういう事に気を付けるか、
どういう狙いを持って高額サービスに参加するのか、
「1」のパターンと、「2」のパターン、
両方を想定しながら、話を進めていきます。

ヒカル的視点で、切り込んでいくので、
合ってる合ってない別にして、
「ヒカルさんだったら、そんな使い方するのか!」
って感じで見てもらえればと思います。

で、これは両方のサービスに共通することですが、
参加するうえでの意識(心構え)としては、
「サービスを受ける側」という意識ではなく、
「サービスを使う側」という意識を持つべきです。

前者の場合は、仕掛けられてますよね。
簡単にいうと、主催者にいいように使われてしまっています。

一方で後者の場合は、
主催者を利用して稼いでやろう!
って感じなので、
主催者同様に仕掛ける側なのです。

これが一番に注意しておいてほしいことで、
何か誰かに依存してしまうと、
どんなサービスを受けても、結果的に実力はつきません。

「主催者についていけばOKだ!」
「あの人の言うこと聞いてれば間違いないぞ!」
「~~さんが言ってるんだからその通りなんだろう。」
こういうのは絶対ダメです。

こういった意識を持って参加してると、
稼げたとしても、一時的ですし、
「考える力」は全くと言っていいほど育ちません。

例えばですが、
「1」の情弱向けサービスっていうのは、
だいたいですが、参加者同士の交流ができたり、
サポートとか、マニュアルとかそういうのが充実しています。

特に力が入ってるのが、
参加者同士が仲良くなるような懇親会とか、
「みんなで稼ごう!」
っていう感じのコミュニティーです。
(これは参加者同士に仲良くなってもらう事で、
満足度を高めようという狙いがあります。)

これ自体は全然問題ないですし、
人脈が増えるのは幸せなことだと思いますが、
ほとんどの人は、色んな人と仲良くなって、
情報交換とか言いながら不必要に慣れ合ったりして、
結局、自分がしなければいけないことを放棄してしまうわけです。

目的が稼ぐことから、
みんなと交流して仲良くなることになって、
これでは本末転倒ですよね。

じゃあ、こういう時はどうすればいいのか?
ってことですが、
私がもし参加者の1人だったら、
この環境を上手く利用して一気にのし上がると思います。

具体的にどういう立ち回り方をしていくのかというと、
その参加したコミュニティー内で一際目立った存在を目指すのです。

例えばですが、
何か困ってる人がいれば、積極的にアドバイスしたり、
自分が思いついた新しいアイデアなんかをどんどん提供して、
皆を引っ張っていく存在になります。

すると、どうなるのか?
ってことですが、
単純に、そのコミュニティーのリーダー的存在になれるわけです。

「おぉ、この人は凄いぞ!」
「何でも教えてくれるし、良い人が仲間にいたなー」
という感じになって、
そこから自分のお客さんになってくれる人とか、
自分の短所を補おうとしてくれる人なんかが現れます。

言い方を悪くするならば、
「主催者の顧客」を「自分の顧客」にしちゃうわけです。

これは私がまだネットで稼げていないころに使った手法ですが、
~~塾っていうところに参加した私は、
(この時は特別待遇で10万の塾に無料で入れてもらいました。)
上記のような立ち回り方をして、主催者よりも支持を集めたことがあります。

で、その結果、
そのコミュニティーで知り合った人が、
今の専属デザイナーになってたり、
そのコミュニティーに居た半数以上が私の顧客になったのです。

私たちは発信者を目指すわけですから、
つまり、それはリーダーになるということでもあります。

何でも知ってるリーダー
カリスマ性があるリーダー
なんかしでかしそうで興味深いリーダー

どんなリーダーでも構わないですが、
やはり、読者を引っ張っていける存在、
読者を導いていける存在でなくてはいけないのです。

ということは、
小さなコミュニティーの中ですらリーダーになれないのであれば、
全国の人たちを相手にリーダーになんてなれませんよね。

その環境で練習するわけですよ。

はじめの内は集客が難しいので、
そういう人がたくさんいるところに積極的に参加して、
そこでまずはリーダーを目指す、
これって非常に理にかなったやり方ですし、
これが上手くいけば、一気に成り上がることができます。

それにそういう人というのは、
主催者からしても、有り難い存在になるのです。

だって、
自分のコミュニティ内で勝手にサポートをしてくれてるんだから、
大助かりですよね。

つまり、主催者から優遇されるわけです。

このように、立ち回り方次第では、
30~100人以上のコミュニティーっていうのは、
練習の場にもなるし、
自分の顧客を増やせる場にもなる可能性があります。

そして、嬉しいことに、
「1」のようなサービスに参加する多くの人は、
誰かに引っ張ってもらう事を求めるのです。

自立心がない、他者依存マインド、
こんな人達ばかりの集団なので、必然的にそうなります。

だから、多くの人は稼げません。

で、一方でリーダー的な存在になれた少数の人は、
圧倒的に稼ぐことができます。

なんとなーくイメージできますよね。

これが高額塾とか、高額サービスの全貌です。(ドン!)
(ワンピースによく使われる効果音パクリました。苦笑)

で、「2」のパターンの立ち回り方ですが、
ここに参加する人の多くは勉強ばっかりして、
実践しない人が結構います。

意識は高いし、勉強熱心だし、
ここらに関して言う事はないのですが、
何でもかんでも難しく考えすぎてしまう傾向があるので、
「とにかく実践する」
という意識を持って取り組めば問題ありません。

知識欲が満たされてしまうと満足、
こうならないようにさえすれば、
「2」の人は大丈夫だと思いますよ。

とまあ、大まかにはこんな感じで、
まとめに入りましょう。

まず、「稼ぐ系のサービス」に投資する時に、
1つの判断基準として、
「この人が稼がせてくれるぞ」
って考えているうちは、
どんな教材もツールも買わないほうがいいです。

どうせ、稼げませんから。

逆に言えば、
「この人を利用して稼いでやるぞ!」
って思えるなら、
どんな塾入ろうと、どんな教材買おうと、
よっぽど酷いコンテンツじゃない限り、稼げます。

これを1つの判断基準にすれば、
とりあえず、
「投資して後悔しました・・・」
という結果にはならないはずです。

あと最後に、もう一回言っときますね。

最初にもお話ししましたが、
どんなサービスも何かしらの変化を生むきっかけになります。

なので、変化を求めてるなら投資してみるのは1つの手です。

お金が大事だってわかってるからこそ、
そのお金を使えば、
「元を取ってやるぞ!」
ってなって、自分に火をつけることができますし、
基本的に、投資して自分を退化させることはありません

どんな形であれ、進化します。
使い方次第だと思っておいてください。

ほとんどのモノが使い方次第です。

「バカとはさみは使いようなのさ、ほとんどのモノがそうだろう」
ってチェホンも言ってますしね。
(「韻波句徒」とか「みどり」で有名なレゲエミュージシャンです。)

というわけで、
もし、投資するときなんかは参考にしてください。

今日も感想等お待ちしています
では。

追伸:ちなみに

私も8月から企画をスタートさせますが、
参加者は250人くらいいて、
その中からも、やはり稼げる人稼げない人に分かれます。

ただ、稼げなかったにしろ、
全員何かしら進化してもらうつもりです。

半年後はあまり意味を感じられなかったとしても、
2年後とかに、
「あの時、参加してたから~~ができた!」
という感じで、
確実にどこかでは役に立つと思います。

そんな意気込みを持ってるので、
参加された方は8月から改めてよろしくお願いしますね。

高額サービスの見極め方

こんにちは、ヒカルです。

さっきまでサッカーを見ていました。なんとかアジアカップ優勝しましたね。

個人的に、柿谷選手の決定力は大きな収穫なんじゃないかと思います。

あと、豊田選手と森重選手、山口蛍選手辺りは、 日本代表でも十分通用しそうな気がしたので、期待できそうです。

ひとまずサッカー関係者の方々お疲れ様でした!

さて、さっそく本題に入りましょう。

今日は、
「高額サービスの見極め方」
というテーマで、
私なりの「高額サービス」に対する見解を話そうと思います。

まず、この「高額サービス」っていうのは、
~~塾とか、~~スクールとか、
10~100万円程度で参加できるサービスの事です。
(もちろん、それ以上も含みます。)

私も数は少ないですが、
高額系のサービスはいくつかしたことがありますし、
探せば、けっこう見つかると思います。

で、たぶん、
「~~に~~万円で参加してみようかなー」
と思ったことがある方なんかも多いと思うので、
今回はこれを仕掛ける側の視点から、
赤裸々に解説していく予定です。
(あくまで予定なので、所々話が脱線するかもしれません。)

まず、高額系のサービスには大きく分けて2つのタイプがあります。

具体的にどういった高額サービスに分かれているのか?
と言うと、

1 情報弱者をターゲットにしたサービス、
2 情報弱者を避けたサービス、

この2つです。

これはネットビジネスの高額サービスに限らず、
アーティストの高額ライブとか、ダイエットの塾とか、
全てに共通していることで、
このどちらかに、綺麗に分かれています。

ようは、ターゲットが情弱なのか?
それとも、情弱以外なのか?
ということですね。

もし、高額サービスに参加しようと思っているなら、
そのサービスは、果たしてどちらに分類されているのか、
これを必ず見極めて欲しいと思っていて、
見極めずに適当に参加すると、
「くそー、お金だけ払って結局何も得るものがなかった・・・」
みたいなことになってしまいます。

それと、どちらのタイプがいいのか?
っていうのは人それぞれです。

一概に、
「情弱向けサービスはダメだ!」
ということはなく、
どちらにもメリット、デメリットがあり、
どんなサービスでも、成功する人がいれば、
挫折する人も出てきます。

あと、これはほぼ100%と言っていいと思いますが、
挫折する人の方が多いです。

私のコンサル生にもいますし、
諦めるか諦めないかはすべて本人次第なので、
これは仕方ないと思います。

どれだけいいサービスだったとしても、
やらない人はでてきます。

ダイエットとかも同じで、
痩せる方法なんて山ほどありますが、
痩せない人もいるわけです。

これの原因をダイエット方法だと思ってしまう人がいますが、
正直、食事に気を付けて運動してれば誰でも痩せますよね。
(体質的に例外等はありますが。)

方法に問題がなくても、それをちゃんと実践できてなければ、
やっぱり、痩せません。

コレと全く同じ理屈だと思ってください。

なので、
参加するだけで必ず全員成功するっていうのは、
有り得ません。

妄想空想幻想です。

とりあえず、この意識を必ず持っておきましょう。

で、話を少し戻しますが、
先ほど挙げた、
1 情報弱者をターゲットにしたサービス、
2 情報弱者を避けたサービス、
これをどう見分けるか、という事なのですが、

レターを見れば一発で分かります。

簡単にいうと、レターを読んで、
どういう言いまわしでサービスを販売してるのか?
これを見るだけです。

例えばですが、
「あなたは私の言うとおりに3つのステップを踏むだけで稼げます!」
「このツールを起動させれば後は何もしなくていいのです!」
「私みたいな主婦でも毎日10分の簡単作業で稼げちゃいました。」
みたいな、誰でもウェルカムで簡単さをアピールしてたら「1」です。

で、
「上記のような人はこないで下さい!」とか、
「素人のまま簡単には稼げません。」とか、
そういうのが書いてれば「2」だと思ってください。

ちょっと、レターを見れば、
「あー、これは情弱向けに書かれたやつだな!」
とか分かると思います。

じゃあ、
「これを知って何の意味があるの?」
ってことですが、
そのサービスは教育なのか、洗脳なのかが分かるのです。

1の場合は、
基本的に「考えるのが嫌いな層」が集まります。
つまり、依存心の強い人達、
他者依存マインド、環境依存マインドな人が集まります。

「この塾参加したら安心だー」
「参加できた!やったー!!これで稼げるぞ!」
「参加できた俺達はもう勝ち組だな!」
って感じのノリの人たちがほとんどです。

で、このタイプは洗脳型のサービスで、
「始めはこれをしろ!次はこれをしろ!
その次はこれだ!ココが間違ってるから訂正しておけ!」
という風に具体的に作業を指示するので、
参加者に「考える」ということをさせません。

「どんどん依存して構いませんよー」
というスタンスです。

一方で、「2」のサービスは、
「勉強のできる人」が集まります。

「参加してからが勝負だ!」
「しっかり勉強して、自力をつけて稼ごう!」
っていう、意識の高い人達ばかりです。

ここまでの話しを聞くと、
明らかに「2」のサービスを受けた方が良いってなりますが、
(私は断然2をオススメしますが)
かと言って、1が必ずしもダメではありません。

それは何故かというと、
結果論として、「1」でも稼げる人は稼げるからです。

洗脳っていうと聞こえは悪いですが、
私たちはみんな何かしらの洗脳を受けています。

お箸はこう持つべきだ!
殺人はダメだ!
マナーは守ろう!
などなど、ある意味洗脳です。

大学に行った方が良いっていうのもそうですよね。

だから、洗脳が悪いわけではなく、洗脳されても幸せにはなれるし、
あとは自分がどうしたいか?に尽きます。

まあ、私は「考えない」ってことは、
脳を殺してるのと何1つ変わらないと思っているので、
やはり、「2」をオススメします。

あ、それと最後に、
今日の話は高額サービスを受けましょう!
とかそういうのではないですよ。

こういうのを知ってないと、
流れで高額サービスを何も考えずに買っちゃう恐れがあるので。

高額サービスっていうのは、
ある意味、背水の陣を敷けるし
1つの大きく変化を生む手段であることは間違いないので、
全然ありだとは思いますが、
無理してまで飛び込むような必要はないです。

基本、出費は抑えましょうね。
で、使うときはドーンと使えば良いと思います。

というわけで、高額サービスについてでした。

今日も感想等お待ちしています。
では。

何か疑問や質問等がありましたら、
直接メールしてきてください。

遊戯でも城之内でもなくて、海馬

こんにちは、ヒカルです。
昨日、こんなメールが届いていました。

「僕は1年くらい前からこの業界のことを見てきましたが、何で何年もアフィリエイトをやって、未だに稼げないという人がこんなにも沢山いるのですか?理由が知りたいです。ヒカルさんの考えを聞かせてもらえませんか?」

という感じの質問なのですが、
彼に対する答えはとてもシンプルで、
「あなたみたいな人ばかりだから」です。

ちょっと厳しい言い方かもしれませんが、
これが稼げない最大の原因だと思います。

この業界の可能性を知るだけ知って、
何もせずにただただ見てるだけ、
つまりは、行動せず傍観してるだけ、
こんな人がほとんどです。

まともにアフィリエイトしてる人は、
10人いれば1人いるかいないかだと思います。

ただ続けてることが努力ではありません。

誰かのメルマガ読んで満足、
セミナー行ってきて満足、
教材買って満足、
これでは意味がないわけです。

大事なのは期間じゃないですよ。

「お金を稼ぐために何をどれくらいどのようにしたか?」
です。

1年間ずーっと素振りだけしてても野球は上手くならないように、
アフィリエイトでもこれは一緒で、
メルマガ見てるだけとか、教材読むだけとか、
セミナー行って感動してやる気アップさせてるだけでは、
いつまで経っても情報弱者から抜け出せません。

勉強なんてちょっとでいいんです。

大事なのは勉強したことを実践してみることで、
それがないと、勉強がただの暗記になってしまいます。

学生時代を思い返してほしいのですが、
テスト前に必死で暗記したことって完全に忘れてますよね?
理解してないとすぐに頭から消えてしまうのです。

一時的に、
行動は大事なのか!
時間は大切なのか!
って学んでも、それを実体験として経験しないと、
真に理解したとは言えません。

ちゃんと行動してみて、それで結果が出たときに、
「あ、行動ってやっぱり大事なんだ!」
改めて、気付くわけですよ。

これが理解するってことです。

数学の方程式を学んでも、
それを使って実際に問題を解いてみないと、
1週間後には忘れてます。

そんな経験ありますよね。

で、ちょっとここからはうろ覚えの豆知識になるのですが、
人間の脳には、2つの部屋があって、
一時的に記憶する部屋(短期記憶)、
ずっと記憶し続ける部屋(長期記憶)、
という風に分かれています。

そして、脳は「今入ってきた新しい情報」を、
まず、短期記憶の部屋に蓄えるのです。
(これがインプットした時の最初の状態だと思ってください。)

しかし、短期記憶の部屋というのは、
一時的にしか情報を保存できないうえに、容量も小さいです。

一方で、長期記憶の部屋は、
ずっと保存できて、なおかつ容量が大きく、
基本的に忘れることはありません。
(例えば、食事の仕方とか、言葉の話し方、
自転車の乗り方、箸の持ち方、文字の書き方、
みたいなものはこの長期記憶の部屋で記憶してます。)

なので、私たちがしなければいけないことは、
「長期記憶の部屋で情報を保存する」ということです。

これができれば基本的に一生忘れることはありません。

じゃあ、この短期記憶の部屋から、
長期記憶の部屋に情報を移行するにはどうすればいいの?
ってことですが、
これの一番効果的な方法というのが、
さっき言った、暗記じゃなくて「理解する」ということです。

「なるほど!だからこうなるのか!」
という風に理屈で覚えたことっていうのは、
長期記憶の部屋に移って忘れにくくなるのですが、
それに対して、意味も分からず丸暗記したことというのは、
たとえ、その場では覚えたつもりになっていても、
長期記憶の部屋に移行しないのですぐ忘れてしまいます。

だからこそ、行動しないと記憶できないのです。

あと、これは身を持って経験してると思いますが、
心を大きく揺さぶった強烈な出来事というのは、
長期記憶の部屋で保存されることが多いと言われています。

この理由は完全な雑学になりますが、
記憶するときに重要な役割を果たす「海馬」が大きな刺激を受けるからで、
誰か尊敬できる人と会ったりするのが効果的なのは、
海馬に対して大きな刺激を与える出来事になってるからです。

だから、めちゃくちゃ嫌な思い出とか、
恥ずかしかった過去とか、感動した時とか、
そういうのはずっと覚えてますよね。

あれは海馬への刺激が強く大きいのが原因です。

遊戯じゃなくて海馬ですよ。
城之内でもないです。
(初期の遊戯王知らない人はすみません。
私はめちゃくちゃハマってました。)

とまあ、そんなことはどっちでもいいのですが、
(じゃあ、言うなよ!って感じですね。)
結局、今日伝えたいことは、
何かするにしても暗記するだけとか、見てるだけとか、
音声聞いてるだけとか、頭使わず流れ作業だけとか、
短期記憶の部屋ばっかりで情報を保存するのではなく、
ちゃんと理解して、一生忘れないようにしましょう!
ってことです。

「脳の仕組み」の話とかした方が理屈がわかって、
説得力あるかなー、と思ったのでしました。

あ、あと、
私は専門家じゃないので、
脳に関する質問とかはなしでお願いします。苦笑
自分で調べてください。

とにかく、
暗記するんじゃなくて、理解しましょう。

1年やって稼げてない人は、
暗記してたり、行動してなかったり、
ちゃんとできてないだけです。

所詮、人間が創った社会ですから、
同じ人間が何とかできないわけないですよ。

弱音吐いたり、ネガティブになったり、
ホント得なことが何一つないので
もっと前向きに物事を捉えてみてください。

ビジネス楽しみましょう!

今日も感想等お待ちしています。
では。

一般人でも輝けるビジネス = ネットビジネス

こんにちは、ヒカルです。昨日のメールはプチ企画がスタートしたということもあり、物凄く返信が多くて、全部で400通くらいでした。

普段メール返信のない人からも結構返信があり、アウトプットの良いきっかけになったんじゃないかと思います。

毎日、30分集中して文章考えるのって地味に大変ですが、
あとは継続あるのみなので、
めんどくさくてもできるかぎり続けましょう。

結局、こういう地道な作業が一番自分を成長させます。

「楽して、これとこれすれば稼げますよ!」
みたいな言葉には惑わされず、
楽な方楽な方に流されないでくださいね。

お金稼ぐのって、難しいですから。

素人では到底稼げないので、
自分を進化させるしかありません。

そこを見失わないでほしいと思います。

よく、
「僕なんかでも稼げますか?」
みたいな質問がきますが、
これに対する、私からの答えは、
「今のあなたでは恐らく稼げません。
しかし、稼げるようになることは可能です。」
という感じです。

「今の僕」で稼ごうとしてるなら、
それはビジネスを舐めすぎです。

しかし、「未来の僕」なら、いくらでも可能性はあるのです。

だって、素人が稼げるわけないじゃないですか。

サラリーマンの人が汗水流して、
1カ月働いて、15~50万くらいがいいとこなのに、
それ以上の金額(月収100万~1000万)を、
やる気だけでどうにかできるほどビジネスは甘くないです。

そこらのメルマガだったら、
やたらと簡単そうに書いてたり、甘い言葉連発してますが、
そんな簡単だったら、皆稼げています。

必死でやらないと稼げないので、
それは当然のように頭に入れておいてください。

自分の能力が上がってしまえば、
めちゃくちゃ簡単に稼げてしまうと思いますが、
そこまでになるのは大変です。

ただ、誰にでも実現可能なラインですし、
そこを目指さない限り、一生辿り着くことはありません。

私は色んなビジネスモデルを経験したり、
見聞きしてきましたが、
やっぱり、情報ビジネス以上に稼ぎやすいモデルはないですよ。

少し前に月収1000万が簡単になってきた、
とか言いましたけど、
オフラインで同じ金額を稼ごうと思えば、
どれだけ早くても10年くらいはかかると思います。
(まあ、10年かかっても基本無理です。)

月商1000万なら分かりますが、
月収で1000万は自営業経験してる人ならみんな思うはずです。

「ありえない・・・」
って。

それくらい、ぶっとんでます。

しかも、参入1年ちょっとで、20代の金髪が、
数百万から数千万は継続して稼げてるわけです、
恐らくですが、あと3年もすれば、
トータルで10億くらいは全然可能だと思います。
(お金だけを追いかければ、もっと狙えるはずです。)

そんなことができてしまうのは、
きっと情報ビジネスだけです。

そして、何よりこのビジネスの良いところは、
別に天才とか、カリスマじゃなくても、
何の問題もないし、何の弊害も出ないというところ。
(もちろん、天才とかカリスマだと有利です。)

一般人でも輝けるビジネスなわけですよ。

「こうしないと成功できません!」
っていうビジネスだったら、
それに当てはまらない人達っていうのは、
どう足掻いても稼げませんが、
情報ビジネスっていうのは、自分の人生がコンテンツになるので、
「こうしないと」っていう概念が存在しません。

極論、何でもありなんです。

自分が描いたものを発信すれば、
それに共感した人とか、感銘を受けた人、
単純に人として好きになってくれた人、
そういう人達が、自分からサービスを買ってくれます。

実際、私の読者の中には、
「別にネットビジネスをする気はないですが、
ヒカルさんのメルマガは単純に面白いので欠かさず見てます!
あと、不思議とやる気になれるので助かっています。」
みたいな人たちもたくさんいて、
テレビとか新聞と同じ感覚で見てくれているわけです。

情報ビジネスは本当に最高のモデルだと思います。

経済的な自由、
時間的な自由、
たくさんの人からの感謝、
価値観の合う仲間、
ほとんど全部が手に入ります。

一般人でも芸能人のように輝くことができて、
なおかつ、面白い!

こんなビジネスは絶対他にないです。

今、このビジネスを知れてるってことは、
チャンスですよ。

世の中にはまだまだ普及してないので、
周りはほとんど知ってないし、
知ってる人がいても、みんな楽なことばかりしています。

なので、今の内に本気で取り組んで成功しましょう。
みんなが情報ビジネスの可能性に気づいてからでは遅いです。

自分の為に頑張りましょうね。

今日も感想等お待ちしています。
では。

追伸:返信について

返信を求めてるようなメールがたまにありますが、
基本的に重要な用件以外は返してません。
数が多すぎる為、個別での返信はできませんが、
全てに目は通してるので、ご安心ください。

「読まれてなんぼ」の世界

こんにちは、ヒカルです。ここ最近のメールは本音トーク全開だったこともあり、「数あるメルマガの中でヒカルさんのが一番おもしろい!」という声なんかを多数いただきました。

他にも、自分の人生と真剣に向き合う良いきっかけなった、人生の半分以上が労働で消えるという事を知ってハッとさせられた、など、新しい気付きに対しての感謝メールもたくさん貰っています。

やっぱり、こういうメールを貰えるのが一番うれしいし、
このビジネスをやってて良かったと思える瞬間です。

「メルマガ面白い!」
って言われるのは、私のような情報発信者にとっては、
最大級の褒め言葉だと思います。

メルマガの発信内容=自分の人生
みたいなもんですから。

それが称賛を受けるのは、やはり気持ちが良いです。

私はメルマガ1通1通を作品を送り出す気持ちで発信してるので、
自分の創った作品が誰かの役に立ってるっていうのは、
ゲーム開発したり、漫画を描いたりと似たような感覚な気がします。

たかが数千文字のメルマガかも知れないですが、
手は抜かないし、気持ちは入ってるわけです。

これって、簡単なようでみんなできません。

みんなどっかで手を抜いてしまってるし、
楽しようとしてしまうのです。

トレンドブログ書くときでも、
メルマガ書くときでも、レストランで食事を振舞う時でも、
ビジネスすべてに共通することですが、
手を抜いたサービスっていうのは、お客にばれます。

どっかのレストランに行って、
トイレが汚かったら、それだけですべて台無しですよね。

私の今回の新企画なんかもそうで、
レターのデザインだけで1週間以上はかかっていて、
文章も合わせると、1カ月近く費やしています。

「ここの文字の色はこっちの方が良いな、
この文字間隔はあと1センチ空けるか、
ヘッドのベネフィットが弱いな、
もう少し、簡単な言葉を使った方が良さそうだ」

・・・などなど、納得いくまで何度も練り直して、
やっとの想いで完成したのが今のレターです。

レター見ただけだったら、そんなの分からないですよね。

「あー、そこそこ良い感じだな!」
くらいにしか思われないはずです。

でも、絶対に手は抜かないわけです。

レターに完璧なんていうのものはないけど、
それでも、今の自分にとっての「完璧」を創りました。

成功してる人っていうのは、
どこかで目には見えない努力をしてるし、
そういうのをとても大事にします。

「こんなとこまで絶対気にしないだろーな」
ってとこまで、徹底してるわけです。

私なんかの場合だと、
文章書くときに、5行の文脈がしっくりこなくて、
そこで1時間考えたりするときがあります。

たぶん、ほとんどの読み手からすれば、
どーでもいいことです。

しかし、そこを見てる人が1人でもいるかもしれないから、
その1人だけの為に何時間も費やして、
今できる最高のパフォーマンスをしています。

で、これって別にメルマガに限ったことではありません。

トレンドブログ書くときでも、
1記事1記事を作品を送り出す感覚で書いてる人、
適当に、記事を量産してやろう!って気持ちで書いてる人、
この差は大きすぎますよね。

アフィリエイトっていうのは、
読み手がいてこそ成り立つビジネスなので、
「読まれてなんぼ」なわけですよ。

だから、読まれる工夫っていうのをしないといけません。

どこに句読点を打った方が読みやすいだろうか?
どこで話を区切るべきだろうか?
どこまで情報を載せた方が良いだろうか?
こういうのを考えながらすべての作業をこなすべきです。

そうすることで、発信力は格段に伸びますし、
第一に、それができる人は稼げます。

「コピーライティング力を身につけたいです!
どこで勉強すればいいですか?」
みたいな質問がよく来ますが、勉強だけでは身につきません。

ちゃんとした情報発信を、
継続してすることが大前提としてあります。

教材としては、
ネットビジネス大百科がオススメですが、
やはり、学ぶだけでは効果は薄いです。

私は色んなとこで何度も言ってますが、
アウトプットしてない人は今すぐするようにしましょう!

もし、発信の場がなかったり、
自分1人では継続できそうにないのであれば、
このメルマガに毎日30分くらい時間をかけて返信してるだけでも、
十分すぎる効果が見込めるのでしてみてください。

1カ月くらい返信を続けてる人が結構いるのですが、
そういう人は決まって、
「前よりも確実に文章を書くのが上手くなりました!」
というメールを送ってくれます。

そして、そういう人は稼げている人が多いので、
特にすることなくて、暇してるくらいなら、
地味ですが、ちゃんと考えてアウトプットしてるだけで、
確実に自分の発信力は向上するので、オススメです。

ちなみに私は毎日メルマガを配信する!
って宣言してしまってるので、
それに合わせて、一緒にアウトプットしまくりましょう。

たぶん、今年いっぱいは1日も休むことなく、
リアルタイムで発信し続けます。

それについてこれれば、
年が終わるころには、すごいことになりますよ、
きっと。

挑戦する人は、
30分は毎日返信に使ってください。

考え付かなくても30分は考えましょう。

脳を使わないといつまでも進化しないので、
時間ある人はできる限りしてほしいなと思います。

で、もし、年末まで毎日返信し続けることができた人は、
私もきっと名前を覚えてるので、
何かしらのプレゼントを差し上げます。
(なんとなく今決めました)

数が多ければ、無理ですが、
多くても1人、2人レベルだと思うので、
その時は実際に会いましょう。

色々返信し続けたことでの変化とかについて聞きたいので、
録音してそれをこのメルマガで流します。
まあ、私に会ってみたい人なんかは、
会えるし、能力あがるし、一石二鳥ですよ。

というわけで、
今日からスタートです。

私もちゃんと毎日配信するので、
負けじと頑張れる人は是非挑戦してみてくださいね。
(リスクもゼロですし)

今日も感想等お待ちしています。
では。

働いていないニートが居たので現行犯逮捕!

こんにちは、ヒカルです。
昨日のメールはかなり偏見混じってたので多くの反応がありました。

僕もそう思います!
同感です!
ココは同感ですが、
ココは違ってました!

などなど、色んな意見を貰えて見ていて楽しかったです。

で、中にはやはりこんな意見も・・・
————ここから——————–
こんにちは いきなりで
失礼ですが
法律以上に守らなければいけない
のが憲法ですよね。

憲法の三大義務において
勤労の義務
がありますよね。

そこらへんは、
どう考えていますか?
————ここまで——————–

自己紹介とかも全くないし、
失礼だって分かってるなら送ってくるなよ(笑)
って感じですが、
まあ、こういった反論があることは承知の上でした。

でも、ここについて本気で考えるべきだと思っているから、
あえて、前回のように偏った発信をしたのです。

そこの意図を読み取ってほしいなと思います。

それと勤労の義務とか言ってますが、
ニートっていう人種が日本に存在する限りは、
そんなの意味を成してないですよね。

別に最低限度のお金さえあれば、
働かなくても生きていけるわけです。

義務なんて守らなくても何とかなる、
これが現実だと思いますし、
「働いていないニートが居たので現行犯逮捕!」
なんてニュースはこの先流れるとは思えません。

そして、別に勤労の義務を守りたいなら守ればいいと思います。

私は捕まらないなら守る気がないし、
「どうぞ、守りたい人は守ってください。」
というスタンスです。

私は何も、
絶対に労働をやめなければならない!とか、
労働反対!ばかばかしい!!とか、
そんなことを言ってるわけではなくて、
他にも選択肢はあるので、
それを知って、それが合ってそうなら試してみてはどうですか?
ってことが言いたいわけです。

働きたいなら、どうぞ働いてください。
労働の義務守っちゃってください。
という感じです。

バカにしてるわけではありません。

そうしたい人はそうすればいいし、
私のように生きたい人はそれを目指せばいいし、
それだけのことだと思います。

私が発信してることっていうのは、
もし、自分に子供が居たら絶対に教えたいことですし、
こういう根本的なことは、
全員に知る権利がないとおかしいと思っていて、
知るきっかけがなく、
少ない選択肢の中で生きるのは損でしかありません。

私もこういったことを知らずに学生生活を送ってきて、
大人達の言うとおりになんとなくで就職したわけですが、
いくつかの転機を迎えて、たまたま経営者の人に気に入られたから、
新しい世界を知ることができた、
本当にそれがなかったら、ずっと労働してたと思います。

知る権利、
選択する権利、
挑戦する権利、

この3つが私たちにはあるのです。

しかし、きっかけがなければ、
どの権利も使うことなく、時間だけが過ぎていきます。

もっと、世の中の仕組みとか、
お金儲けの仕組みとか、知りましょうよ。

もっと、たくさんの職種や業種、労働形態、
仕事の内容、休みの回数など、選びましょうよ。

もっと、自分の夢を追いかけたり、
趣味だけの為に時間を使ったり、挑戦しましょうよ。

私はこういうことが言いたいわけです。

本当に良かったと、人生変わって本当に良かったと、
心の底から私は思っています。

人生を何とかして変えたかったけど、
何も行動できなかった自分を変えたのが、
私の場合はたった1つの出会いで、
知ることができたから、選択したから、挑戦したから、
今、充実した毎日を送れているのです。

同じように、現状を変えたいけど、
どうすればいいか分からない、きっかけがない、
誰からも教えてもらえない、
そんな人が少なからずいると思うので、こんな活動をしています。

だから別に正しいことを言ってるつもりはないし、
偏ってるのは知っているし、10人いれば1人くらいにしか、
共感してもらえないことを発信してると思います。

だから、合わない場合はメルマガ解除してください!
としか言えません。

私は誰かの顔色うかがったり、
そんなの無理ですし、今後も好き勝手発信するつもりなので、
気分を害すことは多々あるかもしれないです。

無理して読む必要はないし、
読みたい人だけ、私の発信に価値を見いだせる人だけ、
私のことが好きな人だけ、
読んでほしいなと思います。

なので、基本的には反論とか、
「ここは間違ってないですか?」
とかは必要ないです。

「ここの漢字間違ってましたよ!」
とかなら全然嬉しいですが、
「ココの考え方はどうかと思うのですが・・・」
みたいなのはいらないです。

考え方に、正しいとか間違ってるとか、
そんなのありません。

あくまでも、このメルマガで発信してる考え方っていうのは、
「ヒカルの中で正しい考え方」
ってだけなので、みんなにとって正しいかは分からないです。

で、その中で必要だと思った部分だけ盗んでください。

「んー、これは違うな!」
って思ったなら、それは無視すればいいです。

個人的に私の発信は見ていて損はないと思いますよ。

本音だらけって辺りが、他とは一線画してますし、
普通に読み物としても悪くないと自分では自負しています。

それにお金儲けってとこだけを考えれば、
何かしら役には立つと思うので、
読むだけでも、多少は有益な情報が手に入るはずです。

とまあ、今日はこのへんで終わります。
では。

「今夜、徹夜でゲームしようぜ!」

こんにちは、ヒカルです。

昨日は親戚の子供が家に遊びにきたので、徹夜でスマブラしてました。(スマブラは任天堂のゲームのことです。)

久しぶりに徹夜でゲームしたんですが、
時間すぎるの早いし、学生気分に戻れますね。
あと、もちろんのこと、一度も対戦に負けることなく、
全勝したのは言うまでもありません。

世の中の厳しさをゲームを通して教えてあげたわけです(笑)

で、ゲームが終わってからは、
12時間くらいぶっ通しで寝てました。

好きな時に起きて、好きな時に寝る、
私は基本的にずっとその繰り返しなのですが、
相変わらず何の規則性もない生活です。

いきなり、友人から、
「旅行行こうぜ!」
と誘われれば、余裕でいきますし、
遊びたいと思えば気が済むまで遊びます。
(もちろん、パソコンはずっと持ち歩いてます)

で、仕事はしたいときに一気にして、
しない時はしません。
(といっても、仕事好きなので毎日してますが。)

やはり、時間的に自由があると、
お金がそんなになくても人生は充実します。

私は高校生の頃、
父親と同じように労働し続けることが怖くて、
サラリーマンになったとしたら・・・
みたいなことを仮定して、
どれくらいの時間を労働に費やすのか?
考えたことがあります。

これはちょっと電卓とかで計算すれば分かるのですが、
週に2日の休みがあって、労働時間が8時間だとすれば、
1年間で2080時間働くことになります。

で、定年までだいたい40年くらいなので、
これを掛け算すれば、83200時間です。

時間だとちょっと分かりにくいですが、
これを分かりやすく言い換えると、
労働時間だけで、ざっと10年間くらいになります。

恐ろしいですよね。

で、睡眠時間も労働時間と似たようなものなので、
同じく10年間くらいあるわけです。

つまり、
20歳から60歳までの40年間あるうち、
半分くらいは、
「労働」と「睡眠」によって消えていくということになります。

私はこれを授業中にノートに書きながら、
「まじかー、これはキツイなー」
って、ビビッていました。

したいことをして時間が減るなら幸せですが、
したくもないことして時間が減っていく事に対して、
「しょうがない」って言葉で済ますのは、
ちょっと無理だよな、って私は思っています。

それにさきほど、
40年間のうち20年間は労働と睡眠に消えていく、
って言いましたが、

実際はそれどころではなくて、
休憩時間も結局職場から離れられませんし、
通勤時間も、出勤のための準備もあります。

そこに残業があったりするわけですから、
1日12時間くらいは「労働に関係すること」で吹っ飛びます。
もはや、自分の時間を会社に、
月々数十万でプレゼントしているようなものですよね。

人間1人の時間ってそんな価値しかないんでしょうか。
物凄く損してるような気がします。

そして、さらに言うなら、
その40年間は、様々なオプションが付いてまわります。

住む場所を選べない、休む日を選べない、気軽に長期旅行に行けない、
家族・友人との時間を優先できない、生活リズムが自由にならない、
付き合う相手を選べない、金銭的な自由がない、
などなど、オプションを挙げればきりがありませんよね。

もし、この時間と様々な自由を奪っている、
「労働」がまるまるなくなって、
自分の好きなことのために全部の時間と体力を費やせたら、
いったいどれだけたくさんのことができるでしょうか。

こういうことを一回真剣に考えてみるべきです。

サラリーマンになれば安心と保障がセットで手に入る!
みたいなイメージを世間は持ってますが、
数十年もの時間を売り払って、無数の拘束を受け入れて、
食うのがやっとの生活を保証されても全然嬉しくないですよね。
(別に保証もされてないですが)

覆しようのない現実ならば受け入れるしかありませんが、
これって、誰にでも覆すことが可能です。

しかし、多くの人は何もせずに愚痴をこぼし続けています。

おいしいところを全部会社のトップに持っていかれて、
絞りかすのような人生を送るなんて嫌ですよね。

本当に勿体ないと思います。

だって、就職してしまったら
気軽に友達と徹夜でゲームしたりできないし、
旅行行ったり、自由に行動できません。

しかも、理由が実にくだらない。

「翌日の労働に差し支えるから」
こんなどーでもいい理由です。

少し極端なことを言うようですが、
自分の人生にとって、より重要なのは、
労働<徹夜でゲーム
だと私は思っています。

労働するために生きてるわけじゃないですよね。

自分本位で考えた場合、
徹夜ゲームに差し支えるから、仕事を休むべきです。

極論、ここなわけですよ。

労働するために私たちは生きてるわけじゃありません。

誰が決めたんですか、
労働しないといけないって、
働くのが当たり前って、

そんな法律どこにもないですよね。

と、こんなことを言えば、
こんなことを言いだす人が必ずいます。

「みんながそんなことを考えだしたら社会は回らないだろ!
労働者がいるから経営者は食っていけるんだ!」

なんかそれらしい意見ですが、
経営者がいるから労働者にならせてもらってるだけですよね。
それに個人的にはですが、
社会がとか世界がとか、そんなこと俺の知ったことか、
という感じです。

まず、世界、社会の為に生きていません。

世界、社会の為に私がいるのではなく、
私の為に世界、社会がたまたまあっただけ、
それだけのことだと思います。

個人>世界、社会なわけです。

それに私たちがいなくても国や社会は確実に回ります。

ほとんどの人が労働したくてしてないように、
有能な人間というのは人の使い方を知っているので、
全員が労働を放棄しようが、
彼らはなんとかして労働者くらい確保するのです。

自分のことは自分が導いてやらないと幸せにはなれません。

結局、何が言いたいのかというと、

「今夜、徹夜でゲームしようぜ!」
「おう、今からお前んちに~~誘って行くわ!!」
これを当たり前のようにやるのが、人間のあるべき姿だということです。

やりたいことできるようになりましょう。

今日も感想等お待ちしています。
では。

追伸:こんなメールが来たら・・・

「そうやって生きたいけど、仕事を優先する生活はしょうがない場合もあります」
みたいな反論はスルーします。

今日言ったことは偏った考え方ですが、
しょうがないと思った時点で、
それはその瞬間しょうがないことになるわけです。

何か反論がある方に言いたいのは、
「じゃあ、あんたどれだけのことやったの?」
ってことです。

しょうがない!って完全に言いきれるくらいの事をしたのか?
自分に問いかけてみてください。

日本で生活してる限り、やれることなんて無限にあるはずですよ。

生まれ持って奴隷とか、そういう戦う権利すらない、
って人はいないはずですから。

携帯とかパソコンでこのメール見れる時点で恵まれてるわけですよ。
携帯代とかパソコン代を払える状態にいれば人生逆転させることは可能です。

自分の人生の為に足掻きましょう。

基本的には「ガンガンいこうぜ」 要所要所で「いのちだいじに」

こんにちは、ヒカルです。

ここ最近は忙しくも充実した毎日を送ってるわけですが、今回の企画募集から5日くらい経って、改めて思ったことがあります。

それは、月1000万稼ぐのが簡単になってる、ってことです。

こんな言い方をすると変な誤解を生むかもしれないですが、
1年前の自分の中の「1000万」と今の自分の中の「1000万」では、
持っているイメージや印象、価値観が大きく変わっています。

こんなこと考えたことないでしょうか?

「月収1億稼ぐ奴からしたら、
1万円なんて、俺でいう100円と同じくらいの扱いなんだろーな」
って。

まさに、これに近いことが私に起こってるわけです。

ビジネスに関してのデフォルト、
つまり、当たり前のラインが引き上げられたので、
「月1000万稼げて当然」
こう思えている自分がいます。

で、この手の話は色んなビジネス本でも言われてることで、
自分にとっての「当たり前のライン」を引き上げることが出来れば、
収入はどんどん増えていきます。

例えば、
私が18歳の時に自営業をはじめた頃だったら、
「月収100万とか稼げたら、父親の3か月分の給料か。やばいな!」
って感じで思ってました。

しかし、3ヵ月もしない内に、
月収100万をあっさり達成してしまったので、
それからは「月収100万って別に凄くないな・・・」
って思うようになったのです。

で、それから3カ月もすれば、
「真面目にやれば、月収100万くらい稼げて当たり前だな」
という風になっていました。

これは、自分の中の100万円に対する、
メンタルブロック(壁)が取っ払われたからで、
人間というのは、1度達成してしまえば、
2度目3度目はさほど難しいと感じないわけです。

1回でも逆上がりができてしまえば、
後は簡単にできちゃいますよね。

それと全く同じ理屈です。

だから、この理屈を逆に利用してやることができれば、
自分の収入を伸ばすことは、さほど難しいことではなくなります。

で、これを実践していく上で大事なことというのは、
「前に進む力」に50%の力を注いで、
残りの50%を「維持すること」に使うことです。

前に進むことだけ考えてれば、
単発単発の利益単価は増えますが、安定せず、
維持する事ばかり考えていれば、
逆に、安定しても収入は伸びません。

この塩梅がとても重要で、ようはバランスなわけです。

RPGなんかと同じで、攻撃力だけだと打たれ弱くなって負けるし、
防御力だけだと勝つことができないですよね。

個人的には、
積み木を積み上げていく感覚と似ていて、
土台を固めながら、高く積んでいく必要があって、
始めから高く積み上げようとしたり、
ずーっと土台ばっかり固めててもダメなわけです。

ビジネスも一緒で、やはりコツコツするのが一番だと思います。

破滅しにくいし、自分の価値観も少しずつ上がっていくので、
心技体(体はビジネスにいらないですがw)が全てバランスよく育ちながら、
収入を伸ばしていくことができるのです。

もし、下手に焦って、実力がないのに稼ぎまくろうとすると、
95%くらいの確率で失敗しますし、
成功したとしても95%くらいの確率で一発屋になります。
(まあ、95%っていうのはもちろん適当ですが、
大袈裟じゃなくそんなもんだと思います。)

結論、やっぱコツコツがいいです。

ドラクエの作戦で言うと、
基本的には「ガンガンいこうぜ」で、
ボス戦とか要所要所では、
「いのちだいじに」って感じですね。
(個人的にめっちゃくちゃいい例えなんですが、
微妙だったらすみません。苦笑)

今日も感想等お待ちしています。
では。