自分だけにしか生み出せないコンテンツの作り方

どうも、こんにちは。
ヒカルです。

今回は自分だけにしか生み出せないコンテンツの作り方についてです。

ネットビジネスのサイトのコンテンツ(記事)は、
どれも似たようなものになっていることが多いです。

情報発信しているブログにしても、
物販で商品を売っているサイトにしてもです。

どれも、だいたい同じようなことが書かれていて、
記事にオリジナルな部分が感じられないサイトばかりです。
そういった記事ばかり書いてても、滞在時間は伸びませんし、
アクセスが来たとしてもすぐに直帰されてしまいます。

では、なぜ似たようなコンテンツばかりなのか?
その原因について解説していきます。

目次
似たようなコンテンツが溢れる原因
自分だけのコンテンツを生み出す方法
似たようなコンテンツが溢れる原因
似たようなコンテンツが溢れる最大の原因は、
他のサイトからコンテンツをリライトしているからです。
リライトというのは、少し順番を変えたり、語尾を変えることです。

だから、オリジナルなコンテンツで作られたサイトは少ないのです。
特にこれはネットビジネスを始めたばかりの方に多く見られます。

どうしても初心者の方は楽して稼ぐという意識が強すぎるため、
他の人のコンテンツをパクってリライトすれば稼げるのでは?
と勘違いしてしまっている方が多いです。

でも、それは大間違いです。
いくらリライトしても、稼げるようにはならないですし、
仮にそんなやり方で稼いだとしても長くは続きません。
一瞬稼いでまた稼げなくなっても全く意味ないですよね。

長期的に稼いでいきたいのであれば、
結局、地力を少しずつ上げていくしか道はありません。
簡単に楽して稼げるような方法なんてないんです。
まずはそれを理解した上でネットビジネスに取り組んでください。

自分だけのコンテンツを生み出す方法
で、自分だけのコンテンツを作る方法ですが、
それは自分だけの切り口(フィルター)で記事を書く事です。
それだけで他のコンテンツとの差別化が出来ます。

それがしっかりと出来るようになれば、
同じ内容をテーマにコンテンツを作ったとしても、
全く違った内容のコンテンツになります。

最初からいきなりオリジナルな記事を書こうとすると、
手が止まってしまう方が多いですし、難しいです。
だからまずは自分のフィルターを鍛えてください。

一番簡単なのは、自分の体験や経験を交えてみることです。
そうすることで読者にあなたの人物像が伝わります。

これは情報発信だけでなく、物販でも同じです。
実際に商品を使ってみた感想とそうでない感想だと
受ける印象も絶対に変わってきますし、違いますよね。

私は子供の頃によくゲームやカードで遊んでいたので、
ビジネスをテーマに情報発信しているにもかかわらず、
それをデジモンや遊戯王カードに例えたりすることもあります。

いくつかそういったユニークなメルマガも残っているので、
だいぶ昔の記事も入っていますが、どうぞ。

・いまのわたしはデジモンで例えるならアグモンです
・遊戯でも城之内でもなくて、海馬

こういった切り口だと、私くらいの若い世代は反応しますよね。
でこれで反応がない方には、また違う切り口で書けばいいのです。

切り口を変えるだけで本当にコンテンツに幅が出ます。
だからまずはとりあえず色んな切り口で文章を書いてみてください。
そうしていくうちに自分だけのコンテンツの作り方が掴めます。

あとは、ひたすら自分で文章を書いていく事です。
これに尽きます。

文章力だけは書いていく事でしか身に付きません。
知識だけをいくら身につけたところで、
行動しないと全く意味がありませんよね。

ダイエットや筋トレもそうです。
痩せる方法をテレビや本などからいくら学んでも、
トレーニング方法の知識をどれだけつけたところで、
行動しないことには痩せませんし、筋肉もつきません。

行動していくうちに、痩せていくし、筋肉がつくのです。
それと同じで書いていくうちに自然と面白いコンテンツも
作れるようになっているのです。

また、オリジナルのコンテンツはSEO的にも高く評価されます。
つまり、それだけで十分なSEO対策にもなるというわけです。
一石二鳥なのでどんどん自分だけのコンテンツを作ってください。

というわけで自分にしか生み出せないコンテンツの作り方についてでした。

SEOの歴史から導き出されること

今回は「SEOの歴史」について知ってもらうことで、SEO業界がどんな変化を遂げてきたのかを理解してもらいます。

歴史を知ることで、色々見えてくるものもありますし、何より興味がある方も多いと思うので、知りたい方はこのままご覧ください。

SEOは時代とともに変化していて、査定基準がよく変わります。
で、この査定基準のことをアルゴリズムといいます。

アルゴリズムについての情報は具体的に公表されないので、
解析することはほぼ不可能だと言われています。目次

  1. SEOの歴史
  2. フィルターについて

SEOの歴史

では簡単にSEOの歴史について説明していきます。

要所要所だけをまとめて説明していくだけなので、
もっと詳しく知りたい!って方はネットや本で調べてください。

実はSEOの歴史はそれほど長くはありません。
SEOが始まったのは1990年代の半ばで検索エンジンが登場した時期です。
検索エンジンからのアクセスが増加したことが原因で、
検索結果の順位がサイトの価値として認識されるようになったそうです。

その結果、サイトの運営者が検索エンジンで上位表示させ、
自分のサイトにアクセスを集めようと考え、
様々な方法を試行錯誤するようになりました。

これが1996年で、日本でSEOが始まったのもこの年です。
なので結構最近のことだということが分かります。
(その頃はSEOという名前が浸透していたのかは謎ですが)

そしてこれがきっかけで、

検索エンジン VS サイト運営者

の図式が成立し、熾烈な争いが始まったのです。

1996年〜1997年頃は、検索エンジンのシステムも完璧ではなく、
「ページ内のキーワードの個数の数」によって上位表示されていたそうです。

これによって、HTML内のMETAタグにキーワードを多く盛り込む手法が
注目されるようになったのですが、これを悪用して上位表示を狙う人も
出てきました。

ただキーワードを数多く盛り込んだだけのサイトが、
上位表示されているわけなので、当然正しくないですよね。

そこで次に考案されたのが、

キーワード出現数に対して上限を設ける

というものです。
(現在でも、検索エンジンにおいて、順位変動の要素の1つとなっている)

そして、2000年頃からはGoogleが登場したことにより、
検索エンジンは急激な進化を遂げます。
1999年〜2000年までの一連の流れは「第二世代」と呼ばれていて、
2001年以降は「第三世代」と呼ばれています。

ページランクは外部リンクの関係性を確認することによって、
そのサイトが他のサイトからどういった評価を受けているのか、
を判定する技術です。

ちなみにGoogleが日本語検索システムを導入したのもこの頃です。
なので本格的に日本でSEOが始まったのは2000年ということになりますね。

それまでは、検索エンジンの穴を突いて上位表示させていたため、
中身のないサイトがたくさん上位表示されていたのだそうです。

で、日本では2002年頃から、
SEO対策業者がネット業界で地位を確立していきます。

その後、少ししてから2004年に、
Yahoo!が独自で開発した検索エンジン「YST」を採用しました。
Yahoo!は利用者が多かったので、YSTでの上位表示を狙うために
アルゴリズムを分析する業者がたくさんいたそうです。

しかし、2010年の12月に、

YSTがGoogleの検索エンジンに切り替わる

という、とんでもない出来事が起こったのです。
その結果、日本の検索エンジンの90%以上がGoogleになりました。

これによって、今までYahoo!の検索エンジン対策を分析していた方は、
GoogleのSEO対策をしなければならなくなったのです。

ただ、日本においてSEO対策はGoogleのみをターゲットにすればいいのです。
なので他にも色々な検索エンジンがありますが、全部無視で構わないです。

で、もう1つ大きな変化がありました。
それはGoogleが大規模でアルゴリズムを変更するようになったことです。

代表的なものでいえば、
「パンダアップデート」や「ペンギンアップデート」があります。
このアップデートによって、今まで上位表示されていたサイトが
飛ばされたり、順位を大きく落としたりといったことが起こっています。

このアップデートに怯えているサイト運営者は非常に多いと思います。
私も運営していたトレンドサイトが飛ばされた経験があります。

ただ、ここで分かっておいてほしいことがあります。
それは外部リンクを重要視してきたGoogleが、

サイトの中身を重視するようになった

ということです。

つまり、コンテンツ重視の動きが始まったということです。

これがきっかけで不自然で過剰な被リンクを受けているサイトの順位が
急落するということがいくつも発生し始めました。

不自然な外部リンクがGoogleにバレれば、
ペナルティを受けることになるというわけです。

また最近では、
不自然な被リンクを施した外部対策中心のサイトを
一掃してしまおうという動きが感じ取れます。

フィルターについて

Googleは同じキーワードと被リンクの数に対する
フィルターを強化しています。

ここでは、外部リンクにおいて重要な要素の1つとなってくる
「フィルター」について、少し解説しておきます。

まず、フィルターとは被リンクの質を判断するもので、
フィルターによって、人工的なリンクと自然なリンクとを
何らかの方法で分けているのです。

被リンクの数が急に増加したり、不自然なリンクだとみなされれば、
フィルターに引っかかってしまいペナルティを受けます。

ペナルティを受けた場合は、訂正した部分を事細かに伝えて、
謝罪の文章を添えてGoogleに提出しましょう。

それでペナルティが解けるかどうかはGoogle次第ですが、
できることは全てやりましょう。

というわけで今回はSEOの歴史についてでした。

歴史を知ることでSEO対策についての理解度も
少しは深まったのではないでしょうか。

現在は昔と違ってコンテンツそのものが評価される時代なので、
単純に質の高いものを作れば上位表示されます。

もちろん、最低限のSEO対策は必要だと思いますが、
ちゃんと理解すればそこまでややこしくもありません。

私のメルマガでは、
トレンドアフィリエイトに絡めたSEO対策や、
メルマガを使った稼ぎ方、ビジネスにおける考え方を
文章と動画を用いて丁寧に解説しています。

全メールに動画が付いているため、非常に分かりやすいです。
ビジネスに少しでも興味がある方は是非読んでみてください。
無料で購読できるので、損はないかと。

メルマガ登録はこちら

駆け出しテイマーだった私

こんにちは、ヒカルです。

今日、カレンダーを見て1つ気付いたことがあるのですが、メルマガを発行しだしてから1年が経ちました。

時間が経つのは早いなーとつくづく思います。デジモンでいうところの駆け出しテイマーだった私が、今では、読者数1万を超える発信者です。


振り返ってみると、
「けっこう色々してきたよなー」
って感慨深くなります

無料レポートを作成したり、
企画をしたり、スカイプでセミナーを毎週したり、
集客頑張ったり、ステップメールを何度も作り直したり、
思い返せば、なかなかの作業量です。

1年前の私は、
「1年後の俺はきっと年収1000万は稼げてるだろうなー」
と考えながら作業してましたが、
いざ、ふたを開けてみると年収5000万を達成していました。

自分でもびっくりしているくらいです。

過去の自分に言ってやりたいですね。
「ヒカルの才能と運と努力を甘く見るなよ!」
って(笑)

で、私は思うのですが、
自分の成功を強く強く信じていれば、結果的に上手くいくもんです。

精神論と言ってしまえばそれまでですが、
ネットビジネスは本当に気持ちでどうにかなる世界で、
才能、二の次、運、二の次の、
モチベーションが最もキーを握っている世界だと思います。

現に私は、大のパソコン音痴で、
正直、全く詳しくないので、
パソコンがちょっとおかしくなったら、
そこでお手上げのアナログ人間なのですが、
それでも問題なく稼げているし、
学歴も高卒で、テストは基本赤点という、
落ちこぼれでしたが、
そんなのは全くと言っていいほど関係ありません。

もし、私が誰かに、
「ネットビジネスで稼ぐ上で大事なことは?」
と聞かれれば、
真っ先に答えるのが、
モチベーションで、それくらい大事です。

それさえあれば、正直なんとかなります。

そして、私がこの1年間を振り返って思うことは、
「目に見える行動」ほど確かなものはない、
ということで、
考えるとか勉強するとか、そういうのは目には見えない行動なので、
それだけしていては意味がない、
ってことです。

私はメインブログを6月の最後にはじめてから、
半年間くらい、ほぼ毎日欠かさずに更新しましたし、
トレンドブログに至っては、
5か月間更新しなかった日は一度もなかったと思います。

たぶん、そんなアフィリエイタ-は、
当時、他には居ませんでした。

みんな、慣れてくれば楽してるわけです。

しかし、私の場合は、
半年経って稼げてきても、ほとんど作業量を落としませんでした。

だからこそ、今ある程度の形になっていて、
それと同時に、
俺は1年間ちゃんとやってきたんだ!
という自信にもなっています。

楽はしていない、
決して楽な毎日ではなかった、

しかし、しんどい毎日でもなかったです。

どちらかというと、
心から楽しんでいた自分がいたのは事実で、
非常に充実していました。

今、ネットビジネスを楽しめているとしたら、
きっと、その人は稼ぎます。

だから、精一杯楽しんでほしいです。

楽しんだもん勝ちなので、
自分が思いついたことがあれば、
それが成功するしないは抜きにして、
やってみてください。

やってるうちに、
どれが正しくてどれが間違ってるのか、
分かってくるはずです。

成功までの道のりなんてものは、
周りからすれば、くだらないことの連続なわけですから、
誰に何を言われようが、
相手にせずに、自分にできることをしましょう。

過程にまで美しさはいりません。

結果的に、
美しければ(稼げれば)いいのです。

自分のペースで頑張りましょう。

今日も感想等お待ちしています。
では。

彼女との出会いはレンタルビデオショップ

こんにちは、ヒカルです。
昨日のメールでデートに行ってくることを書きましたが、異常なくらいに反応(返信)が届きました。やはり、みんな恋愛系の話は気になってしまうみたいです。

「デートどうだったか楽しみにしてます!」
「どんな感じだったのか報告待ってます」
「ヒカルさんのデートは想像がつかない」
みたいなメールが、全部で50通くらいあったので、リクエストにお応えしていきます。

といっても、
別に普通なので過度な期待はしないでくださいね。

で、うまーくビジネスの話も絡めていければと思います。

まあ、そんな感じなので、
どうぞ!

まず、始めに、
昨日どこで何をしたのか?という質問があったので、
それについて少し。

待ち合わせが7時だったので、
5分前くらいに、彼女(以降、Aさんとします)の家に行って、
そこから、車で移動しながら、
とりあえず、お腹が空いてたので食事に向かいました。

これは恐らく、初デートの定番ですね。

で、どこに行くかは決めてなかったのですが、
とにかく最初は、雰囲気が大事なので小洒落たレストランにしました。

女性は雰囲気を大事にする生き物なので、
何を食べるか?というよりは、
どこで食べるか?これを重視した方が良いです。

あとNGなのは、焼き肉とかラーメンですね。

食べた後に、口臭が気になるようなとこには行かないとか、
できる限り油っぽいものは避けておくとか、
色んなメニューがあるとこを選ぶとか、地味に大事だと思います。

既に親しい人となら、
別にどこでもいいと思いますが、
そこまで親しくない場合は、
こういうとこに気を使うと好印象です。

はじめはなんともなくても、
後になってジャブが効いてきます。

これは、知ってる人も多いと思いますが、
女性は男性を見るときに加点方式で点数を付けて、
男性は女性を見るときは減点方式と言われています。

どういうことかっていうと、
人間は、100点満点で相手が何点なのか?
無意識に計算して、
それで付き合うかどうか決めているのです。

「80点を超えれば付き合う」
という感じで。

で、これのラインが低い(30点とか)人が、
俗にいう、
ストライクゾーンの広い人です。

そして、男の場合は、
最初の第一印象でほとんど決まるわけです。
(一番初めに、マックスの点数を叩きだします。)

で、そこから、
良いところを見つけるのではなく、粗を探していく、
つまり、悪いとこを見つけては減点していきます。

簡単に言うと、中身をほとんど見ないで、
外見で判断する割合が女性に比べて多いのです。

たぶん初対面で、
上戸彩とか、新垣結衣とか、長澤まさみとか、
に告白されて断る男はそうはいません。
(99%の人がOKするはずです。)

これって、そういうことですよね。

しかし、女性の場合は違っていて、
男性の良いところを見つけるたびに加点していくのです。

だから、たとえ初対面で、
木村拓哉とか、福山雅治とか、イケメンに告白されたとしても、
男性の時よりは、付き合う割合は少なくなります。

なんとなく、この法則分かりますよね。

身近なとこでも、
思い当たる節があると思います。

このように、女性が相手だったとしたら、
小さなジャブで1点を何度も積み重ねていけば、
好きになってもらえる可能性があるのです。
(これは、そういう傾向にある、
ってだけなので、すべての男性女性に当てはまるわけではないです。)

なので、これとこれが良ければ、
好きになってくれるとかではなくて、
1つ1つの積み重ねが好きになってもらう一番の方法で、
これはある意味、ビジネスと似ています。

実際、経営者の中には、
「女を口説くことと、ビジネスを成功させることは一緒」
って人が結構いて、
私が言われて一番印象に残った言葉は、
「女ひとり口説けないやつが、
ビジネスで多くの人間口説けるわけねぇーだろ」
というものです。

この考え方が合ってる合ってないは、
何とも言えないですが、
経営者はモテる人(口説くのが上手い人)が多いのも事実なので、
少なからず、一理あります。

とまあ、謎に話が飛躍して、
もはや収拾がつかないので話をさりげなく戻しましょう。

(さらっ)

で、食事の後は、
2時間ほどドライブを楽しんで、
そのまま、皆さんが期待しているであろう、
送り狼には変身せず、
普通に彼女の家に送りました。

4時間くらい一緒に居たことになりますが、
話の内容は、(これも質問が多かったので)
ほとんどが海外ドラマのこと一色です。

実を言うと、
彼女との出会いはレンタルビデオショップで、
いつも通ってるとこの店員でした。

で、私は結構な頻度(週4くらい)でそこを利用してるのですが、
半年くらい通ってたら、相手から連絡先を聞かれました。

まさに、
「じぇじぇじぇ!!」
って感じですよね、

そして、昨日に至ったわけです。

私としては、
「可愛くて綺麗だけど、この店員の人は絶対彼氏いるなー」
とくらいにしか思ってなかったので、
びびりました。

しかも、向こうからすれば、
私はただの金髪のDVDが好きな暇な奴くらいにしか映ってなかったはずなのに、
です。

と、こんな出会いがあったので、
話の内容は、ほとんどそれに関連する事でした。

なので、特に変わったこともなければ、
周りからすれば、面白くもなんともない極々普通のデートで、
出会い方がそこそこ珍しいかな、ってくらいです。

以上、なぜかデート報告でした。

今日も感想等お待ちしています。
では。

お相手は歯医者さんを経営されてる50代の方

こんにちは、ヒカルです。

今日は、以前募集した企画のコンサル生の方にお会いしてきました。

お相手は歯医者さんを経営されてる50代の方です。

12時頃に待ち合わせして、
専属デザイナーの方も含め、3人で、
個室に入って色々話しました。

なので、それについて少しお話ししていこうと思います。

まず、挨拶等を軽く済まして、
始めにお土産を頂きました。

傍から見れば、異様な光景だったと思います。

だって、
金髪の若者が、歯科を経営されてる50代の方に、
お土産貰ったり挨拶されたりしてるわけですから、
普通に考えればおかしな話です。

で、私は思うのですが、
やはり、会社経営されてる方っていうのは、
基本(ベース)がしっかりしてます。

マインドができてるわけです。

初対面の時っていうのは、
第一印象が最も大事なわけで、
お土産1つで、印象はグッと良くなりますし、
少し言い換えるならば、
たった数千円で信用や信頼を買うことができますよね。

こういうのを自然にできてしまうっていうのは、
案外すごいことで、これができるだけで、
「あ、この人はちゃんとしてる人だな」
って言う風に思ってもらえたりします。

第一印象が悪いと、とにかく損です。

まあ、私は第一印象が良くはないので、
言えた口ではないのですが(笑)
(私の場合は、
第一印象の悪さを逆手にとっているので、
ビジネスとして成立してます。
例えば、ヤンキーが良いやつだったら、
なんか普通の人の時よりもさらに良いやつ補正がかかりますよね。
それを上手く使ってるわけです。
ヤンキーがちょっと良いことしただけで、
それがめちゃくちゃ良いことしてるように見えちゃうみたいな。)

で、話は戻って、
個室についてすぐ、コンサルを開始しました。

具体的にどういうことをしたのか?
っていうと、
まず、始めに方向性の確認です。

どういう目的で、どんな風になりたいのか?
これを一緒に決めていきました。

私の場合でいうと、
目的 お金、時間、仲間、社会の役に立ってると思える何か
どんな風になりたいのか 全てにおいて自由な人
という感じで、
ここまで頑張っています。

これがぶれたり、自分で分かってないと、
目的と一致してないことに時間を使ってしまったり、
所々、無駄が多くなります。

例えば、時間の自由が欲しいのに、
労働でお金稼ぐこと考えてたらおかしいですよね。

目的がちゃんと分かってないとそうなってしまいます。

で、それが終われば
次は、それを実現するために何が必要なのか?
ということを一緒に考えていきました。

今回の方の場合は、
目的がお金と若い世代に向けての発信だったので、
それを実現するうえで、
どんな障害があって、どういう状況を作ればいいのか、
そして、どんなことをしていくべきなのか、
などを煮詰めていくわけです。

そこが明確になれば、
次は、情報発信をする上で必要となる、
ブログのタイトルを考えました。

このタイトルっていうのは、
とても重要で、
「若者に向けて!スキルアップ講座術!」
みたいなのは全然ダメです。

フック(興味をひくもの)が弱すぎます。

タイトル見たときに、
「お、これなんだ?」とか、
「ん、ちょっと気になるな・・・」とか、
そういう風に思ってもらう必要があります。

だから、ありきたりすぎるとダメで、
「だめだめニートが人生逆転!」
とかは、もう通用しません。

なんか、ピンとこないですよね。

で、このタイトルを決めていく上で、
キャラクター、コンセプト、ストーリーは必要になるので、
先にそっちの方を考えていきました。

どんなキャラクター(人間性)で、
どんなコンセプト(目的)で、
どんなストーリー(人生)を歩んできたのか?
これをブログに反映させるわけです。

そうすることで、
より鮮明に自分にことをイメージしてもらうことができるので、
共感、尊敬、興味を持ってもらえたりします。

どんな人で、どんな目的で、どんな人生を歩んできたのか、
これが分かれば、グッと距離が近づきますよね。

で、この3つがちゃんと決まってしまえば、
後は簡単で、その3つの中から言葉を抜き出していきながら、
ゴロがよくて、インパクトの強いタイトルを考えます。

この作業は地味ですがめちゃくちゃ大事です。

ほとんどの人は、適当に、
「これでいいかなー」
って感じでブログのタイトルを決めてると思いますが、
タイトルにフックがなければ、
興味を持ってもらう事すらできないので、稼げません。

とまあ、そんな感じで
一緒に細かいとこまで決めながら進めていったわけですが、
他にもちょっとした雑談とか、
これからの日本の景気についてとか、
色々と話して、
気付けば、2,3時間経ってました。

一度、こういう風に今後の事を決めてしまえば、
後は基本的に作業をこなしていくだけなので、
方向性であったりとか、今後何をすべきなのかとか、
っていうのは一度考えてみてください。

これは別に自分1人でもできることですし、
1カ月に1回はノートとかに書き出すなりして、
定期的にやっておきましょう。

方向性の確認は本当に大事です。

で、その後解散しましたが、
とても充実した3時間を過ごすことができました。

やはり、誰かと実際に会って、
ビジネスについて本気で熱く話し合うのは、
とても楽しいです。

今の世の中はかなり冷めてる人が多いので、
愚痴言ったり、覇気がなかったり、とにかくネガティブなので、
こうして、前向きにビジネスの事を誰かと話せるっていうのは、
実はものすごく幸せなことなんじゃないかなー、
って思ったりしてます。

普通にどこかに勤めてたら、
こんな会話はほとんどしないでしょうし。

上司の愚痴言ったり、
会社の不満言ったり、
そんなとこだと思います。

だから、こういう風な場を持ててるのは、
本当に有り難いです。

今、私はちょっと通信講座をたくさん抱えてたり、
中々に忙しいのであれですが、
来年くらいからは、それが落ち着きそうなので、
どんどん、色んな人に会っていこうと思ってます。

1つの経験として全国を旅してみたいですし。

と、そんなことを考えていたりするので、
その時はよろしくお願いします。

では。

今なら、いつ死んでも笑って死ねる

こんにちは、ヒカルです。

今日は、おじいちゃんが入院しているので、それのお見舞いに行ってきました。

こんなことをここに書くのはおかしい気もしますが、おじいちゃんは末期の癌で医者の人が言うには、余命1カ月だそうです。

まあ、年齢的にももう80代ですし、
仕方ないと言えばそうなのかもしれないですが、
私はまだ身近な人が死を迎えた経験がなく、
今、とても複雑な心境をしています。

と、言っても、悲しいとかネガティブなことはなく、
「なんかあっけないなー」
っていうのが正直大きいです。

こうして、いつかは私も同じ道を辿るわけですが、
おじいちゃんは今日病室で、こんなことを言ってました。

「今なら、いつ死んでも笑って死ねる」

これの真意は私には分かりませんが、
たぶん、これは私がビジネスで上手くいったからこそ、
出た言葉だと思っています。

私はご存知、数年前まで借金を抱えていて、
家族の厄介者でした。

お金は稼げない、
親孝行らしいこともしない、
真面目でもない、
就職する気もない、
で、借金は作る、
そんな孫だったわけです。

まあ、基本的にずっと迷惑かけてました。

家族としては、
「こいつの将来、大丈夫かなー」
という想いがあったはずです。

しかし、

そんな私が、1年もしない内に、
いきなり稼げるようになって、通帳に多額のお金が振り込まれだしたので、
そりゃー、びっくりしたと思います。

そんな矢先の余命宣告でした。

確かに、私はもう経済的には、
自分の家族全員を養っていけるだけの余裕がありますし、
それがありきでの、
「今なら、いつ死んでも笑って死ねる」
だったのかと思います。

もちろん、悔いはない人生だったとか、
そういうのも含まれてるとは思いますが。

自分がお金を稼げないことは、
自分の周りにもそれなりのリスクを強いることになる、
まさにこれで、私が稼げてなかったら、
それはそれは不安だらけで、今病室にいるはずです。

安心して死ぬこともできないなんて、
本当に迷惑な話ですよね。

それを数年前まで私は家族にしていたのです。

大事にすべきはずの存在を、
不安にさせ、笑顔をなくしてしまう、
稼げないというのは、
実は、そういう所に繋がっています。

たぶん、お金を稼ぐということが、
私の唯一の家族孝行であり、
おじいちゃんにしてあげられたことです。

「お金を稼ぎたい!」
って思いだけでは、
どうしても続かない人がいると思いますが、
それを大切な人の為だと思ってみてください。

家族を安心させるため、
奥さんを安心させるため、
子供の将来のため、
その為にお金を稼いでいく、
本気になる理由なんて、それで十分でしょ。

私はそう思ってます。

今日になって、お金稼げていて良かった、
って改めて思いました。

お金を稼ぐってことは、
汚いことでもなんでもなくて、
自分だけでなく、
周りの不安を取り除き、安心させる行為です。

お金稼ぐのが汚いとか言ってる奴は、
稼がなきゃいいんです。

ほっときましょう。

自分の為に、自分の大切な人の為に、
理由なんて、それで十分です。

ちょっと分からないことがあったから投げだす、
これって、言い換えるならば、
自分の大切な人を、投げ出してることと同じだと思います。

そういう気持ちで取り組むことができれば、
諦めるとか、そんな気は起こらないはずです。

ビジネスでもなんでもそうですが、
成功するかどうかは、
9割以上が本気で取り組めてるかどうか?
にかかっています。

だいたいのことは本気でやればできますしね。

自分のモチベーションを、
そこまで引き上げることができれば、
ほぼほぼ成功します。

だから、そのために、
自分の持ってるビジネスに対するイメージを変える必要があります。

ビジネス成功=お金儲け
ではなく、
ビジネス成功=家族の幸せ
とか、そういう風に、
自分が本気になれそうなことを意識しましょう。

その為だったら、命すら賭けれる!
ってくらいまで落とし込むことができれば、
何しても苦じゃなくなるはずです。

まあ、口で言うのは簡単ですが、
結構難しいと思います。

でも、やろうとしなかったら、
それこそ、いつまで経ってもできないので、
やってみてください。

自分のやる気をドーンとかち上げましょう。

今日も感想等お待ちしています。
では。

追伸:お葬式に

もうすぐ出席する事になると思いますが、
その時、髪を黒くした方が世間体は良いと思います。

なので、どうしようか少し考えましたが、
「金髪じゃないと、俺じゃない」ので、
今のままで出る予定です。

最後のお別れのときに、偽りの姿を見せたくないし、
おじいちゃんはそんなどうでもいいこと気にしない人なので、
世間体とかそんなのは完全無視して、
自分なりに誠意をもって葬式に出席します。

別れというのは、いつかきてしまうので、
それすら笑って迎えられるように毎日本気で生きたいです。

ネットビジネスバブルが起こった時に・・・

こんにちは、ヒカルです。

実は先月、私は月収で2000万弱を達成しました。新企画が思った以上に売れたので、さっき計算したら、それだけで1500万くらいです。

また、年収も(まだ1年終わってないですが)下で見ても5000万は超えると思います。

年商(売り上げ)じゃなくて、年収(利益ベース)です。

上手くいけば、1億超えるので、
なんか不思議な気分になっています。

ネットビジネスを始めた時は、
「ネット初心者だし、年収1億なんて稼げても5年はかかるだろうなー」
って感じでしたが、
オフラインの仕事をやめてネットに専念してから、
わずか、1年足らずでここまで稼げるようになったのです。

なんか、漫画とか映画みたいな話ですよね。

私のネット参入前のイメージでは、
「オフラインでビジネスした方が稼げる!」
って感じだったので、
今になってみると、あの頃は無知(情弱)だったなー、
って思います。

全くの逆だったわけです。

オフラインで100万稼ぐのと、オンラインで100万稼ぐのでは、
後者の方が、遥かに楽で簡単で、
尚且つ、稼げるまでにかかる時間も少なく、
明らかにネットで稼ぐ方が効率的でした。

知らないっていう事は、本当に怖いです。

知ってるか知ってないかの差で、
こうも人生が変わってしまうわけですから。

でも、ホント無知って恐ろしいです。

ほとんどの人は、
私のような若くて金髪の学歴も持たない人間が、
年収で数千万~数億も稼げるなんて、
思ってもみないでしょうし。

多分、周りからすれば、
私はかなり異質に見えると思います。

そんなちゃんとした企業みたいなブログ作ってないし、
メルマガも専門的な難しいことを書いてるわけでもないので、
言うほど、大した事やってません。

「え、そんなことやって、
年収5000万?」

こう言われても、全然おかしくないです。

セミナーとかも、過去に無料で3回くらいやっただけですし、
号外広告でリスト集めたりとかもした事ありません。
(というか、上位アフィリエイターに媚びるのが嫌で、
絡んでないだけなのですが。苦笑
オファーは定期的に色々貰いますが、全却下してます。)

私はただひたすら、
毎日、メルマガを書いてただけです。

これが私の作業の8割を占めています。

他に、トレンドアフィリしたり、動画撮ったり、
レター書いたり、コンサルしたり、
集客したり、一通りのことはすべてしてきましたが、
それでも、少ししかしてません。

気付けば、ずーっとメルマガ書いていた、
これが事実です。

そして、稼げたのです。

まあ、とはいっても、
最初から、ずっとメルマガ書いてるだけで、
「はい、年収1億!」
っていうのは無理ですが、
作業のほとんどを占めてるのは本当ですよ。

たぶん、私はどこからどう見ても、
年収で1億近く稼いでる人間には見えないと思います。

ジャージ着てコンビニに座ってたら、もろヤンキーですしね。

パッと見の第一印象は、
スーツとか清潔感ある服きてれば、
美容師、ホスト、モデル、ボーイのどれかで、
(この4つしか言われたことないです。)
実際に喋れば、ある程度稼げてるってことは、
分かってもらえるって感じです。

でも、さすがに年収で5000万とは思われないですが。

それに稼いでる人っぽい行動も、
ほとんどしません。

身につけてるものは、前に買ってもらったので、
今でこそ、そこそこ値段するもの持っていますが、
服は基本的に買わないし、(色んな人から貰ってます)
高級料理も興味がさほどないし、
頻繁に旅行に行くわけでもないし、
車も、一応外車持ってますが、ほぼ乗ってないし、
という、感じです。

ただ、漫画の大人買いは店員によくびっくりされます(笑)

普通に一回の買い物で500冊とか買ったりするので、
それくらいですね、金持ちっぽい行動は。
(確か、最高で1500冊くらい買ったことがあります。
言っても、漫画なので値段は知れてますが。)

他は、ゲームをするときに、
私はよく兄弟とか親戚でマルチプレイしたりするので、
その時に、部屋にテレビ2台と本体とソフト2つ設置して、
オンラインプレイを楽しんだりするくらいです。
(ちなみに、これは学生の頃ずっと憧れてたことの1つです。)

とまあ、そんな感じで、
自分の好きなことにしかお金使ってないので、
生活自体はとても質素だと思います。

それに、社会的信用は、
その辺のニートと大差ありません。
(まあ、そういうこともあって、
今年あたり、マンション管理人になってみようかなー、
って密かに思ってますが。
遅くても、来年にはたぶん購入します。)

しかし、誰よりも自由に生きて、
誰にも引けを取らない最高の毎日を送ってると思います。

「次はあなたの番です!」
とか、嘘っぽい事を言ってもしょうがないのですが、
今が絶好のチャンスっていうのはホントです。

今から始める人であれば、
今後、現在の私と同じくらい稼げる可能性は十分にあります。

それも早い人なら1年かからないです。

そもそも、はじめて1年そこらの人間が、
月収100万円以上をコンスタントに稼ぐなんて、
数年前じゃ絶対考えられませんでした。

それくらいに今は稼ぎやすい環境ができてます。

でも、それも5年後とか10年後とかは、
どうなってるか分かりません。
(まあ、稼ぐ人は変わらずに稼ぎ続けるでしょうが、
それでも今ほどに稼ぎやすいことはないです。)

で、なんで今は稼ぎやすいのか?
っていうと、
単に、国民が機能的価値より感情的価値を重視するようになったからです。

従来は、良い商品を創ってなんぼでしたが、
今は違います。

どれだけいい商品つくるか?
ではなく、
どれだけ多くの人に影響を与えることができるのか?
ココが問われていて、
芸能界を見ていても、それは顕著に表れてますよね。

歌いが上手いから、
曲が良いからって理由ではもうCDは売れません。

AKB48とかゴールデンボンバーとか、
きゃりーぱみゅぱみゅとか、
やはり、提供してるのは感情的な価値です。

つまり、今までは技術がなければ、
(学歴、経験、特殊スキル、高い能力)
稼げなかったのに対し、
今の時代は、個性に重きを置くようになったため、
稼ぐことのハードルが低くなりました。

だから、私のような、
「落ちこぼれ」にカテゴリーされる人間が、
稼げているのです。

しかし、それも時間の問題かもしれません。
徐々に、本当に頭の良い人間がこの業界の可能性に気付いています。

そういう人達が、こぞって参入してくると、
どうしても、勝てません。
(いきなり、偏差値30の学校に偏差値60の奴らがやってくる感じです。)

「実業で億稼いでます!」とか、
「従業員100人抱えてます!」とか、
そんなのがたくさん来たら、
もはや素人では太刀打ちできないです。

これがどんどん増えてくると、
新規参入者に厳しい業界になっていきます。

でも、今なら大丈夫です。

ここからの話がとても重要なんですが、
今、参入してる人にとっては今後の展開はメリットでしか無いのです。

どういうことかっていうと、
今のうちに少しでもいいから実績を作っておけば、
ネットビジネスバブルが起こって、
新規参入者が大量に増えた(市場が満たされた)時に、
めちゃくちゃ美味しい思いが出来ます。

昔のお笑い芸人みたいなもんですね。

当時は、お笑いなんて認知されてなかったので、
芸人を目指す人はほとんどいませんでしたが、
今では、大人気すぎて競争が激しすぎるという現象が起こってます。

でも、始めにお笑い界に参入してた人達は、
大して面白くなくても、今でも普通にテレビに出てるわけです。

これぞまさに、先行者利益ってやつですね。

だからこそ、今すぐはじめるべきだと思っています。
ぐずぐずしてる場合ではありません。

そして、僅かでいいから、実績を作るべきで、
小さくてもいいから、土台を築いて、
自分の勝てるフィールドを創っておくべきです。

逆に、このまま何もやらずに、
ただただ、業界の動向を傍観してるだけでいれば、
新規参入者が増えたところで、稼げません。
(しかし、上位層はバカみたいに稼ぎます。)

なので、今がチャンスだと思いましょう。

どうせやるなら、本気でぶつかるべきで、
今やってたことが、後の1億に繋がったりすることは珍しくないです。

実際、私がそうでしたし。

「今がチャンス!」
これを肝に銘じておいてください。

では。

基本的には「ガンガンいこうぜ」 要所要所で「いのちだいじに」

こんにちは、ヒカルです。

ここ最近は忙しくも充実した毎日を送ってるわけですが、今回の企画募集から5日くらい経って、改めて思ったことがあります。

それは、月1000万稼ぐのが簡単になってる、ってことです。

こんな言い方をすると変な誤解を生むかもしれないですが、
1年前の自分の中の「1000万」と今の自分の中の「1000万」では、
持っているイメージや印象、価値観が大きく変わっています。

こんなこと考えたことないでしょうか?

「月収1億稼ぐ奴からしたら、
1万円なんて、俺でいう100円と同じくらいの扱いなんだろーな」
って。

まさに、これに近いことが私に起こってるわけです。

ビジネスに関してのデフォルト、
つまり、当たり前のラインが引き上げられたので、
「月1000万稼げて当然」
こう思えている自分がいます。

で、この手の話は色んなビジネス本でも言われてることで、
自分にとっての「当たり前のライン」を引き上げることが出来れば、
収入はどんどん増えていきます。

例えば、
私が18歳の時に自営業をはじめた頃だったら、
「月収100万とか稼げたら、父親の3か月分の給料か。やばいな!」
って感じで思ってました。

しかし、3ヵ月もしない内に、
月収100万をあっさり達成してしまったので、
それからは「月収100万って別に凄くないな・・・」
って思うようになったのです。

で、それから3カ月もすれば、
「真面目にやれば、月収100万くらい稼げて当たり前だな」
という風になっていました。

これは、自分の中の100万円に対する、
メンタルブロック(壁)が取っ払われたからで、
人間というのは、1度達成してしまえば、
2度目3度目はさほど難しいと感じないわけです。

1回でも逆上がりができてしまえば、
後は簡単にできちゃいますよね。

それと全く同じ理屈です。

だから、この理屈を逆に利用してやることができれば、
自分の収入を伸ばすことは、さほど難しいことではなくなります。

で、これを実践していく上で大事なことというのは、
「前に進む力」に50%の力を注いで、
残りの50%を「維持すること」に使うことです。

前に進むことだけ考えてれば、
単発単発の利益単価は増えますが、安定せず、
維持する事ばかり考えていれば、
逆に、安定しても収入は伸びません。

この塩梅がとても重要で、ようはバランスなわけです。

RPGなんかと同じで、攻撃力だけだと打たれ弱くなって負けるし、
防御力だけだと勝つことができないですよね。

個人的には、
積み木を積み上げていく感覚と似ていて、
土台を固めながら、高く積んでいく必要があって、
始めから高く積み上げようとしたり、
ずーっと土台ばっかり固めててもダメなわけです。

ビジネスも一緒で、やはりコツコツするのが一番だと思います。

破滅しにくいし、自分の価値観も少しずつ上がっていくので、
心技体(体はビジネスにいらないですがw)が全てバランスよく育ちながら、
収入を伸ばしていくことができるのです。

もし、下手に焦って、実力がないのに稼ぎまくろうとすると、
95%くらいの確率で失敗しますし、
成功したとしても95%くらいの確率で一発屋になります。
(まあ、95%っていうのはもちろん適当ですが、
大袈裟じゃなくそんなもんだと思います。)

結論、やっぱコツコツがいいです。

ドラクエの作戦で言うと、
基本的には「ガンガンいこうぜ」で、
ボス戦とか要所要所では、
「いのちだいじに」って感じですね。
(個人的にめっちゃくちゃいい例えなんですが、
微妙だったらすみません。苦笑)

今日も感想等お待ちしています。
では。

会う>>>>>>>>>>話す>>>メールする

こんにちは、ヒカルです。
昨日、新企画の募集人数などをお知らせしましたが、先行募集と通常募集に分けようと思います。

先行募集の方は、16日から1カ月未満、
もしくは規定人数に達し次第締切で、
通常募集の方は規定人数なしですが、
料金に大きな差を設けます。

つまり、先行者の方が圧倒的に得ってことですね。

サービスに差はないですが、
料金を通常時より60~70%にする予定です。

これはやはり、素早い決断ができた方を優遇したいのと、
後から企画を知って入れないのはちょっと申し訳ないと思ったからで、
その両方を満たすには分けるしかないな、と考えました。

というわけで、以上の事を踏まえて、
参加を検討してください。
(とりあえず迷ってるなら、先行募集期間内に、
一番価格の安い「スタンダードコース」くらいは入ってた方が良いと思います。)

まあ、新企画のお知らせはそれくらいにして、
今日は、最近よく届く質問に答えようと思います。

私の元には少なくても毎日100通以上のメールが届くので、
基本的には返信しないスタイルなのですが、
(重要なメールには返してます。)
特に重要なものは、何らかの形でシェアしていきますね。

ちなみに半年くらい前は毎日10通くらいしかメールを貰えなかったので、
いつの間にか進化したなーって感じです。

で、その質問っていうのは何かといいますと、

「ヒカルさんってどこで勉強してるんですか?」
「いつどこで情報収集してるんですか?」
「誰のメルマガを読んでるんですか?」

こういった質問です。

なぜか、私は勉強家のイメージが付いているらしく、
(若いのに・・・っていうのがあるからだと思いますが)
難しい本とか読んでいるイメージを持たれています。

これに関しては、
ヒカルのANNなんかで度々回答してるんですが、
まず、私は難しい本なんて読むことはないし、
基本的に漫画しか読んだことないです。

それと、他人のメルマガも興味ないのでほとんど読んでないし、
ここで情報を手に入れよう!っていうのはありません。

もちろん、新しい教材とかも買わないですし、
(たまに販売者の方が「紹介してください!」ってタダでくれる事はありますが。)
今後もいらないかなーと思っています。

まあ、はじめの内は教材買ってましたが、
1つか2つまともなのがあれば十分です。

じゃあ、どっからネタを発掘してるのか?
ってことですが、
普通に生活してたら思いつきます。

たぶん、「ネタがない・・・」って人は、
単に情報発信能力が低いだけです。

簡単に説明すると、
私の場合は「1」のネタを「10」として発信できて、
他の人は「10」ネタがあっても「1」でしか発信できない、
そんなイメージを持ってもらえればと思います。

つまりは、情報発信力が高ければ、
少ない勉強だったとしても、ネタは無限に見つかりますし、
そもそも勉強なんてしなくとも、
日々、生きてるだけで、それがネタになります。

まさに、人生丸ごとコンテンツです。

一方で、情報発信力が低い人というのは、
一生懸命勉強し続け、知識だけは豊富なのに、
それを一向にマネタイズできません。

そして、さらに言うならば、
例えば、A君とB君が居たとして、
同じ漫画を読むにしても、
それぞれ得るものは違うわけです。

同じものを見ても感じ方ってそれぞれで、
そこの感性が研ぎ澄まされてる人はネタには困りません。

ようは、インプット力とアウトプット力ですね。

この2つが弱い人はどれだけ勉強しても、
入ってこないし、入ってきたにしろ、それを活かせません。

で、私はこの2つの能力を、
ネット参入時からひたすら鍛えているので、
ネタに困ることがないのです。

とはいっても、
狙って鍛えていたわけではなかったので、
始めは無意識でしたけどね。
(本能で知ってたという感じが強いです。)

じゃあ、私が何をしてたのか?
ってことですが、
これが何度も言ってる「アウトプット」です。

少し前にも話しましたが、
ずーっと、情報発信だけをしてきました。

私のブログを見てもらえれば分かりますが、
2012年の7月からけっこう更新してますよね。
(これ以外にもメルマガを出してたので本来はもっとあります。)

ここに私の全てがあるというか、
今の「ヒカル」ができた秘密で、
毎日のようにセールスじゃないメルマガを出してる人って、
この業界に1人としていません。
(私の知る限り、本当に1人もいないです。)

私は参入当時からメルマガではセールスをほとんどせずに、
自分の思ったこと、感じたことをありのままに発信し続けていました。

こうやって言うと、
「僕も毎日、セールスじゃないメルマガを書いてますよ!」、
って人がいるのですが、
事実であったり、どっかから引っ張ってきた言葉を淡々と述べてるだけ
という場合がほとんどです。

この場合、なぜ情報発信力が付かないのかというと、
それは自分のフィルターを通した発信じゃないからで、
もっと正確に言うと、
そもそも情報を自分のモノにできていないのです。

例えば、私のメルマガで何か学んだことを発信するとして、
意味も理解せずに、そのまま引用したりとか、
自分の背景とは明らかに合っていないのに、流れを丸ごとパくったりとか、
(トレンドアフィリしたことないのにトレンド教えたり)
そういうことばかりしていては、まるで意味がありません。

私から何かを学んでそれを発信したいなら、
自分の言葉で言いかえてみたり、その事例を説明したり、
体験談を交えてみたり、という風に
自分のフィルターを通して、はじめて「情報発信」と言えるわけです。

つまり、毎日メルマガを書いてるからといって、
必ずしも情報発信能力が上がってきてるとは限りません。

ちゃんと正しいアウトプットができていないと意味ないです。

それともう1つ発信力を手っ取り早く鍛える方法があるのですが、
それがマインドを根本から変える、というものです。

で、このマインドを変えるには、
成功者と沢山関わるっていうのが一番効果的で、
「何かを教えてもらうのではなく、関わる」
ってのがポイントです。

普通に喋ったり、会ったり、
食事したり、通話したりですね。

これは即効性が高く、非常に効果が大きいです。

大事なのはただ単に稼いでる人と関わるのではなく、
本物と関わるってことで、中々関われない人じゃないと意味がありません。

「よくスカイプで誰でもサポートしますよ!」
とかしてる人がいますが、
あーいうのはダメで、普通では関われない人が良いですね。

メールが中々返ってこない人、
通話とかを無料でしてない人、
無料で会えない人など、
こういう時間を大切にしてる人は「本物」です。

私もオフラインの方では経営者同時の繋がりが多々あったり、
ネットでもある程度有名な人とは地味に関わっています。

彼らと同じ空間にいる事で、「成功者の思考」が入ってきて、
自分の見えている世界が変わってくるはずです。
すると、自然に発信する情報も、変わってきます。

新企画でも、ここをメインしているコースがありますし、
短期間でマインドを激変させるには、
誰もしないような非日常な経験を沢山するのが一番です。
(実際、私も1人の経営者と会ったことで人生変わりましたし。)

マインドに影響を与えるのに大小を付けるとしたら、
会う>>>>>>>>>>話す>>>メールする
という感じです。

それくらいに「会う」っていうのは効果が大きくて、
ソフトバンクの社長である孫正義さんも、高校生時代のことですが、
藤田田さん(マクドナルド、トイザらスなどの創業者)に会うために藤田さんの会社に行ったそうです。
最初は当然のように門前払いを受けたそうですが、毎日のように何度何度も訪れたそうで、
それに根負けした藤田さんは当時「ただの高校生」だった彼を社長室に通し、
コンピューター関連を学ぶように助言したと言われています。

そして、その後成功した孫正義さんは、
藤田さんを食事に招待したみたいで、
「あの時尋ねてきた高校生が孫正義だったか」と驚き、
非常に感激し、孫正義さんの会社に自社パソコン300台を発注したそうです。

これは非常に稀なケースかもしれませんが、
「会う」っていうのは計り知れない影響をもたらすことがあります。

私が、積極的に大人の付き合いに行ったり、
成功してる人にお金払ってまで会ったりしてるのは、
そういった理由からです。

この感覚はたぶん味わった人にしか分からないと思いますが、
100万払ってでも、会う価値のある人がいるわけですよ。

1000万のピアノとか、
300万のバッグとか、
4000万のスーパーカーとか、
それと同じですね。

現に私は、人に対してトータルで数百万の投資をしましたが、
その何十倍のお金を回収していますし、
これまでに、損したなーって思ったことはありません。

その時は30万かーとか、10万高いなーって思うかも知れませんが、
その程度の額で人生が激変するなら安すぎですよね。

どこまで先を見てるか?ってことだと思います。

仮に、10万投資しても、それが10年後も意味のある事だったら、
10万÷3650で1日あたり27円ってことになります。

こうやって考えることができれば、
今後のお金の使い方はがらっと変わるでしょうし、
自分を成長させるきっかけが増えるはずです。

ほとんどの人は「今だけの価値」にお金を払いますが、
お金を稼げる人というのは、「これからの価値」にお金を払います。

自分の脳を鍛えることっていうのは、
一生の財産になるので、そういう風に捉えることができれば、
情報であったり、体験に投資できるようになりますし、
成功に大きく近づけるはずです。

ただ、むやみやたらにお金使えば良いってことではないので、
自分の状況に応じて、投資するときはする、しないときはしない、
という風にしっかり考えて投資してくださいね。

今日も感想等お待ちしています。
では。